こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
梅雨明けの後のいきなりの猛暑の中、
名古屋と北陸でセッションや冠婚葬祭があり
駆け足で巡ってまいりました。

東海道新幹線で行き、北陸新幹線で帰るルートで
JRの窓口の方のお奨めで購入した切符は
乗車券が東京都区内から東京都区内まで!
 
こういうのありなんですね!なんだか使うのが楽しくて♪
途中下車の度に駅員さんがこの切符を見て、
こういうのありなんですねー!、
と驚く顔を見るのがまた楽しい旅でした(笑)

途中下車して2時間の時間、
富山のいにしえを訪ねてみました。
富山と言えば薬の都、
越中富山の薬売りは300年の歴史があります。
 
まずはタクシーで広貫堂資料館へ。
16世紀から17世紀に薬種商や丸薬、散薬製造業があり
加賀藩から分藩した富山藩は経済基盤を作るため
製薬、売薬商を産業として奨励しました。
藩主・前田正甫が薬に興味を持ち研究し、
富山では最も有名な反魂丹(はんごんたん)を開発します。

その折に、1690年に“江戸城腹痛事件”が起きます。
江戸城で激しい腹痛を起こした三春藩主の秋田輝季に
正甫が反魂丹を服用させたところ、腹痛が驚異的に回復したそうです。
反魂丹とは、まさに魂が体から出てしまって
生死をさまよう状態から魂を体に戻す、という意味だそうです。
この状況を目の当たりにし驚いた諸国の大名が
ぜひうちの藩にも!と富山売薬の行商をお願いしたことで
売薬産業発展につながっていったということです。
 
広貫堂ではいにしえの行商人の人形が迎えてくれました。
300年の歴史をミニシアターで知ることができます。
サービスの生薬の栄養ドリンクがありがたかったです。
暑さで疲れた体の回復に効きました!

昔懐かしい薬のパッケージや紙風船。
昔のままのパッケージのいろんな種類の生薬配合の薬が服用数回分、300円くらいで購入できます。

富山は霊山立山連峰の水の恵みを授かる
自然豊かな土地でもあります。
新鮮な野菜を使った薬膳料理も発達しています。
広貫堂のカフェは富山駅近隣の商業ビルなどにあります。

続いては徒歩で10分くらい、
中心街に戻り池田屋商店へ。

こちらは頭痛歯痛に効くケロリンが有名です。
現在は内外製薬会社となっています

ケロリンと言えばこの洗面器、
昔は銭湯に置いてありましたね。
それだけ富山の薬は全国区だったのですね。

池田屋商店では丸薬の造り方の実演もあります。
こちらは2階で薬膳料理がいただけます。

見た目も涼しげな豆腐とレンコン。
夏の火照った体を冷やし活力を備えて
夏を過ごせるよう、季節に合わせたメニューです。

赤米の蒸しおこわと山菜、
朝鮮人参など入った汁椀などなど。
食べるほどに元気になりました!

そもそもは食が養生。
食材の中でも生薬と言われるものを
心身のバランスに用いてきました。
より安定供給を図り、確実に薬効を高めるために
研究、技術の発展とともに薬剤が製造されてきました。

越中の薬は、“先行後利”方式、
数種類の薬を家に置いておき、使った分を後で精算する方式。
何より症状を緩和させることが優先、という理念です。

富山藩2代藩主の正甫の訓示に
「用を先にし利を後にし、医療の仁恵に浴びせざる
寒村僻地にまで広く救療の志を貫通せよ。」とあります。

この“救療”の志はいにしえの人の想いとともに
西洋医学、東洋医学、代替医療などの枠を超えて
どんなに医学、科学が進歩しても
人様の健康に携わるすべての人々が、
忘れないでいてほしいと願います。

池田屋商店からは路面電車、
セントラム(市内環状線)で富山駅へ。

乗車してビックリ!
このレトロモダンなデザインは私好み
もしやと調べましたら、大好きな水戸岡氏のデザインでした!



椅子の前に面積が広がるテーブルが!
(写真は閉じた状態、左右に広げられます)
学生さん達が教科書を広げて勉強していました。

薬都富山の2時間の途中下車の旅。
締めくくりは古きよきものと新しいよきものの融合。
夏の日差しを背中に受けながら北陸新幹線に乗り込みました。

越後、信州を越え上州、江戸へ、今は約2時間半で着く時代。
命を救う薬を運んだ人々の想いと苦労と、
そして使命を果たす喜びに思いを馳せる。

いにしえの人々も見上げたであろう
真っ白な入道雲が目にまぶしい。




















小雨が降る中、谷中で富士講による
富士塚の開山祭(おやまひらき)がおこなわれました。
民家の改修工事の際に奇しくも見つかった富士塚、
このたびご縁をいただき、貴重な行事に
参加させていただくことになりました。
 
富士山は古代よりご神体とされ庶民に広く信仰を集めていました。
でも遠くから参拝に行くことは難しかったため、
全国各地でお金を集め代表に祈願を託す講社(富士講)の仕組みが作られ
地域に富士塚も多く造られました。

富士塚は富士山とその神霊への信仰の拠り所。
この度見つかった富士塚のお社を被う苔は、いにしえの人々の祈りの思い。
富士塚は土を盛った物だけでなく富士山が噴火したときの溶岩だったり、
富士講の人たちが富士山から運んで来た
溶岩や石で造ったものもあるそうです。

行者であった角行が説いた信仰の系譜を汲む
宗教体系、組織も富士講と言い、
勧業経典を読み、お焚き上げを行います。
山梨からいらした白装束に身を包んだ富士講の皆さんは5名。
そのうちなんと4名の方が女性でした。
力強い読経と目の前で燃え上がる火で心身が一気に清められました。

現代は交通機関が発達し、
レジャーで富士山に行くようになり役割も減り、
弾圧を受けたりもし富士講は激減したそうです。
そのような中、本当に貴重な体験をさせていただき感謝感激です。

富士講の方が、よりよい自分に生まれ変わるとなると
容易でないと思われますが、【生まれ増す】ことはできます。
美しいものを見た時のような心が洗われるような体験をすることで、
私たちは生まれ増すことができます。
生まれ増すことが積み重なり、
生まれ変わることができるのですとお話くださいました。

昔は江戸から富士山が見えていました。
人々は凛とした朝の富士山、夕陽の茜色に染まる富士山、
毎日美しい光景を見るたび心が洗われて生まれ増していたことでしょう。
美しい富士山に手を合わせ、今日も生きていることを、
命があることを感謝したことでしょう。

今は毎日美しい富士山を見ることはできませんが、
美しい芸術品を見に美術館に行くことも度々は難しいですが、
回りの人の心に目を向けると、
心の在り方に美しさを見いだすことができます。

すれ違う時に傘を傾けあったり、
電車で席を譲りあったり、子供の笑い声に
周りの大人たちの顔がほころんだり
庭先にどうぞお持ちくださいと朝顔の苗が並んでいたり。
思いやりと優しさで織り成す美しい心の光景に心を洗い合う、
あなたも私もお互いに生まれ増す、そして生まれ変わっていく。

根津、谷中界隈から富士山が見える場所があるようで、
次に訪れる時はいにしえの人々のように美しい富士山を見たいものです。

せっかくなので帰りに根津駅近くのALPHAカフェで
名物の根津プリンをいただきました。
濃厚で美味しい♪

プリンを容器から出してお皿にひっくり返したかった私。
やっぱり〆は富士山でしょ(笑)






 

Lucy(ルーシー)はパイプオルガンの名前です。
光、を意味するラテン語が由来です。

20年前に横浜みなとみらいホールにアメリカからやってきて、
みなとみらいホール誕生とともに名付けられ、
美しい響きで人々の心に光を照らしながら20歳になりました。

20年間ホールオルガニストとしてLucyの演奏だけでなく、
皆様に親しんでいただき足を運んでいただけるよう
いろんな企画を実現されご尽力されておられる三浦さんは
世界的にご活躍されている方です。

演奏家として体の使い方をより探求されたいと
武道を選ばれ、新陰流剣術を通しても深めたいとのことで
横浜に和泉会を立ち上げてくださり
僭越ながらご一緒に稽古させていただいています。

このたび開館20周年記念コンサートへのお誘いをいただきまして
今まではスケジュールがなかなか合わなくて残念だったのですが、
お久しぶりに拝聴できる機会をいただき
心からの感謝と共に海風がさわやかな横浜へ足を運んでまいりました。

Lucyのパイプは全部で4,623本。
正面に見えているパイプのほかに、奥にもぎっしり!
パイプは海にちなんでカモメが羽を広げた形。
彫刻にもカモメが施されていたり、横浜らしい佇まいです。
 
3段ある手鍵盤は各61鍵、ペダルは32鍵
音色を選ぶストップは62個
 両手で3段の鍵盤を引きながら、両足もペダルを踏んで演奏します。
 
三浦さんのご自宅に伺った時に
なんと部屋に大きなパイプオルガンがあり(!!)
おそるおそる弾かせていただいたのですが、
座って両足を動かすだけで体幹が不安定になり
椅子から転げ落ちそうでした。。
優雅な音色を奏でるために全身駆使しないといけないわけですね。
高度で特殊な演奏技術を身に付けるのは
並大抵のことではありません。

パイプオルガンは1台でオーケストラと言われるように
重低音から小鳥のさえずりのような、
鈴の音のような音まで同時に奏でますので
重厚な響きは荘厳な波動となって空気を共鳴させ
聞く人の体の細胞を振動させます。

パイプオルガンは移動できないですから、こちらが会いにいく形です。
ホールは音響を考えて設計されていますので
まさに、Lucyの体内に入って行って
鼓動を、波動を全身で感じる、波動浴です。
優雅で荘厳な響きにうっとり。
癒されたり元気をもらったり、
素敵な時間はゆっくり流れました。

会場は満席で 、一曲ごとの拍手も
会場いっぱいに鳴り響きます。
吹奏楽、廃品打楽器演奏や、
バグパイプとのコラボは斬新で感動!
横浜市民の皆さんが20年間、Lucyを愛し続けてこられたことを、
そしてこれからも愛していかれるお気持ちが伝わってきて胸が熱くなりました。

三浦さんとのご縁で、オルガニストの方々が新陰流を始められたり、
 遠い存在だったパイプオルガンの世界が身近になり
心から感謝いたします。
 
感性が、経験がより広がると
心の幅、層も重厚に豊かに広がっていきます。
Lucyのように、心の鍵盤に誰かが、なにかが触れるたび、
美しく豊かな音色で応えていけたら素敵ですね。

パイプオルガンの世界を身近に♪
三浦さんが発案された1ドルコンサートが開かれていますのでぜひ(#^.^#)
http://www.yaf.or.jp/mmh/recommend/2018/04/2018-1.php

都内のサントリーホールではランチタイム無料コンサートもあります

https://www.suntory.co.jp/suntoryhall/schedule/detail/20180614_M_1.html

(写真はYahoo画像より)












人体の不思議展に足を運んできました。
以前にNHKスペシャルで、
≪人体の神秘・巨大ネットワーク≫の放映がありましたが
より身近に体感したいと思い、緑豊かな上野公園の国立科学博物館へ。
 
【神秘への挑戦】というタイトルで、
人体の神秘を解明してきた歴史から実際の臓器の標本、
現在どこまで解明されているかの内容まで盛り沢山!

最新の技術で人類は宇宙に飛び出し、
広大無辺のマクロの宇宙の神秘を解明し始め、
そして私達の肉体そのもの、ミクロの世界も解明してきています。
この人類の好奇心と探究心がどちらの世界も広げていきます。

マクロとミクロ、両方の視点から
人間とは、私とは、生きるとは?、ということの
答えを見つけたいという人類の想いの表れですね。

ボディートーク療法では
心身のコミュニケーションネットワークの
アンバランスをバランスしていくことで、
心身複合体は元来の自然治癒力を取り戻し
自分自身でアンバランスを治癒し始める、という概念ですが、
神経の伝達や、ホルモン物質、経絡でのコミュニケーションだけでなく
いろんな臓器や骨からもメッセージ物質を出して
それぞれが脳を介さずバランスを目指して
コミュニケーションを取っていることが解明されたということで、
ボディートーカーにとっては嬉しい情報です。
このような最新の情報を視覚や聴覚、体感を通して得ることができるのは
ボディートーク療法の理解にも繋がりありがたい限りです。

たとえばセッションで心臓と腎臓のバランスを取ってほしいと出たら、
これらのメッセージ物質のやり取りもバランスしているということで
施術士はこのような新しい情報により、
よりバランスのフォーカスができるので
セッションがよりパワフルになっていきます。
 
科学技術の発展でまだまだ未知なる体の神秘が明らかにされていきます。
これからはDNAの謎の解明が進むようで楽しみです。
ボディートークではエピジェネティクスのバランスも取っていきます。
エピジェネティクスとは環境によって変化する遺伝子のスイッチで
親から受け継いだ遺伝情報をオン・オフすることで
発現を活性したり抑制するシステムです。
勉強することが山ほどある中でも、遺伝子の世界は興味深い分野です。
 
自分の体で何が行われているのかを知れば知るほど、
この生命の神秘に驚かされます。
体の中でたくさんのメッセージを出し合って
会話が絶え間なく行われていることに意識を向けると
生命の営み自体に圧倒されます。
私の体ってすごい!
こんなにすごいことをしてくれていることに、
ただただ、感謝です。

今、私が、生きている。
世界を感じ、自分を感じ、泣いたり笑ったりして生きて、
今、ここにいることの神秘と感謝に溢れます。

もっともっと、自分の体を大事に愛してあげたくなりました。
私の体、いつもありがとう。

6月17日まで開催中です。
自分の体へのミクロの旅へぜひお出かけください。




 
自分の意識を観察していると
一日の内でもいろんな変化があると気づきます。
音楽を奏でるように流れるように変化していく意識。

でも、失敗したら怒られるに違いない。
こんな事を言ったら嫌われる。
私が我慢すると皆が幸せになる、など、
自然な意識の流れを止めてしまうのが、
いつのまにか持ってしまった思い込みの方程式。
流れを止めてしまうばかりか、意識を固めてしまいます。

何かの対象によって意識は自分で創っているように思いますが、
実は意識があるのを自意識が気づくそうです。
脳科学では脳は先に反応していて、例えば考えて決めたようでも、
実は考える前に脳はもう決めているということです。

私たちの意識はどこで生まれているのでしょうか?
行動する前にはまず意識が動いています。
意識が動いて、意図する現実の経験を創っています。
アストロジーでは宇宙の惑星の動きが意識を創るという概念です。
高い次元の波動が低い次元へとトップダウンで振動を伝えていきます。

自分が波動でできた球体とイメージしていただきますと、
(この球体自体の波動システムは誕生日の惑星の位置で設定されています)
たとえば、月の波動の影響の共振により
球体ではある部分の波動が増幅したり干渉を受けたりしています。
月は一番地球に近いので2時間に一度の速さで星座の座標を移動します。
つまり2時間ごとに違う周波数の波動の影響を受けているということです。

そして同時に水星、金星、火星、木星、土星の波動にも共振しています。
これらは私たちの意識を生む波動となっています。
ここまでは個人の惑星と言われていて
この地球に集合意識体の一人として自我を確立し
生きていくための成長を促してくれる波動になります。
 
土星から先、外惑星となる天王星(ウラヌス)に波動を共振させていくことが
自我を越えて、私とは誰か、存在の本質に向かうことと言われます。
一人一人がこちらに向かうことで、
集合意識そのもの、全体が波動を上げて、精神性を高めていくことで
世界がより調和の波動になっていくと言われます。

ウラヌスは破壊と創造のエネルギー。
造り上げた球体丸ごとこのエネルギーに共振させられます。
自我を丸ごと揺さぶるので、固まった意識の部分があるとうまく共振できず、
歪みが生じ葛藤や苦しさを感じます。
そしてウラヌスは集合意識の球体も揺さぶるので世界の固まった周波数、概念、価値観を
揺るがし変容をいやおうなく促してきます。

創造にはまず破壊が必要。
でも、自我や集合意識は慣れ親しんだ固定概念を壊すのに、
手放すことにたいへんな恐れを感じ、しがみつきたくなります。
変化に抵抗したくなります。

でも、もう抵抗はやめて
要らないものはさっさと手放して新しく創造していきましょう。
ありがたいことに、破壊と創造を促してくれるウラヌスが
5月16日から牡羊座から牡牛座に移動します。
星座が変わるとベースの周波数が大きく変わりますのでビッグイベントです。

過去に魚座から牡羊座に移行したのは2011年3月12、13日でした。
大惨事が起きてしまいましたが。。ウラヌスは個人、世界的にも
今までの安全信仰を揺さぶりました。
個人や集合意識の球体の波動が乱れ、混乱しました。
そのため多くの人たちが、今まで造り上げてきた生き方を問い直さざるを得ませんでした。
(今回も同じような災害があるということではありません)

今回は牡牛座に入るので、
物質的価値観、経済システム、所有の意識などに
揺さぶりが入ってくるかもしれません。
凝り固まった意識の方程式の解体を促してきます。
 
私たちは自分という球体の波動を安定させるために、
安心して老後を迎えるために今の仕事を我慢して続けるべき、
女性の幸せは結婚すること。幸せになるにはお金が必要。。などなど
たくさんの方程式を作り、苦しいと感じても従うことで
意識の安定を図ってきました。
 
今まではそのシステムは役に立ってきたかもしれませんが、
その方程式は本当に真理?
本当に自分の望むこと?
本当の自分にとっての真実?
本当の自分の心の声を聞いて従おうよ。
恐れを手放すと、そこには本当の調和の世界があるよ。

心にいやおうなく響いてくる
遥かなるウラヌスの呼び声。

ウラヌスは5月16日に牡牛座に入り、
11月8日に一旦牡羊座に戻ります。
この間、特に7月2日~9月14日は
今までの古い価値観、真理でない方程式を早く手放そう!とパワーをより強めます。
それに対し個人的にも集合意識的にも手放すものか!と
すごく抵抗して葛藤が起きやすい時期は、
8月14日~9月30日
それでも自ら手放せなかったら
10月10日~21日は外側から圧力が働くかもしれません。
そうなる前にスッキリ手放しておきたいですね。
 
ウラヌスが牡牛座へと再び入っていく時期は
2019年3月6日です。
この時期はスムーズに変化が受け入れられる流れです。

凝り固まった意識を解体し、自由で新しい意識になりより調和的な世界を創造できる
素晴らしいチャンスを、このウェーブを生かしていけますよう。

宇宙のウェーブに、流れに
軽やかに朗らかにみやびやかに乗っていきましょう。

惑星たちと共振し美しい音楽を奏でましょう。

(アストロジーの分析は個人的な解釈ですのでご参考まで)

































次のページ   ≫
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.