こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
女性のための新陰流を探求しておりますみやび会に
ご縁をいただき金春流の能楽師、理事でもあられる
森さんという方にいらしていただいています。
 
体の使い方、歩き方等
能楽と新陰流は同じ感覚のものですので
歩き方や動作の深みがお陰様で増しました、と。

私も能楽の体の使い方は剣術に洞察を与えてくれる予感があり
公演にも足を運び、次第に興味が湧き、
森さんからも熱いお誘いもいただきまして
 恐る恐る(笑)能楽の世界に足を踏み入れる流れとなりました。
格式高い幽玄の世界とまさかこのような形でご縁をいただくとは!
潜在意識の意図には、人生そのものの流れにはいつも驚かされます。

実はそもそも新陰流と金春流は縁が深く
新陰流宗家2世の柳生石舟斎と金春七朗とは交流が深く
金春七朗は武芸にも優れ、石舟斎は新陰流の印可状を渡しています。
慶長6年のことです。

金春七朗は能楽の奥義「一足一見」を石舟斎に伝え、
石舟斎からは「西江水」を伝えたと言われています。

剣術は拍子、間合い、太刀筋で成り立っています。
拍子には付ける拍子、越す拍子、当たる拍子の3種類がありますが
これら全てが能楽にもあり、意外な繋がりがあるとわかりました。
もしくは能楽から来ている概念を新陰流に取り入れたのかも知れません。

能楽に親しむことで、拍子や間合いの理解、
洞察が深められるかも、とより興味が湧きました。
全ての道は「本質」につながっています。

歩き方、体の反発を排した動き、
道具を手の延長で使うことは
新陰流と同じですからと言われましたが、
いえいえ、実際やってみると難しくて前途多難(^_^.)
 
剣術の稽古もまだまだ及ばずで
2年前に始めた篠笛も音を出すのに精いっぱい。。
加えて、能楽がどこまで深められるかは自分次第ですが、
仕舞の演目の内容も深くて、歴史の勉強にもなりますし
その時代の人々の想いは現代と同じで
生きるとはどういうことか、まで思いを馳せさせてくれる
深淵な世界に入ることは喜びも感じます。

新陰流と金春流能楽のいにしえのご縁が
今再び結ばれて感慨深くありがたい限りです。
いにしえの二人のように、と
目標にさせていただいて交流を通して
お互いにお互いの世界の技に磨きをかけれますよう
このご縁を大事にしたいと思います。
 
 
  

(金春流の入門本)

(謡の歌詞の右側に小さく
歌い方と仕舞の振りが書いております)

(金春流の扇)

☆森さんの能楽のお教室では
生徒さんを募集中です。
月に2、3回、
会場はあざみ野駅近くです。
ご興味をお持ちの方は
山城までお問い合わせください(#^.^#)
 
 
 
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
早いもので11月が終わっていきますね。
秋から冬へと足早に移ろうとしています。
今年はゆっくり秋を堪能できなかったので、
秋が去っていく前に秋をちゃんと見送ろうと
思い立って出かけたのは六義園。

セッションルームがある飯田橋から
南北線で4駅目の駒込へ。
近隣なのに足が遠のいてましたが何年ぶりかの訪れです。

六義園(りくぎえん)は徳川綱吉の信任が厚かった
川越藩主・柳沢吉保が1702年に築庭したものです。
回遊式築山和泉水で江戸時代の代表的な大名庭園。
明治になり三菱の創始者、岩崎彌太郎の別邸になり
その後東京都に寄付され国の特別名勝に指定されました。
 
燃えるような紅葉も秋らしくて素敵ですが、
枯葉がカラリ、ハラリと落ちていく様も好きです。
落ち葉が色を大地に溶かし込み
土に溶けていく、土に帰って行く匂いは懐かしくもあり、
私たちが母なる大地の子供だということを思い起こさせてくれます。

踏みしめる大地はいにしえのままの土、
ずっとずっと生きてきた土の呼吸を感じます。

広い池はどこから見ても風流。
静かなさざなみの動きのようにゆったり時が流れます。
平日にも関わらず多くの人が秋を見送りに来ていました。

池や木々も繊細な配置で
池を場所により様々な木と共に見れるのは新たな発見でした。
柳沢吉保が自ら7年かけて設計したということですが、
岩崎彌太郎も庭造りには若いころから興味があったようで
特に石へのこだわりは、見る人を唸らせます。

これらの飛び石は誰の好みかわかりませんが
私の好みには間違いないです(笑)

この石灯篭もなんともユニーク
いつの時代も愛されていそうです。
 
渓流が流れ小さい滝のようになっている池と
滝見茶屋というあずまやがあり、
訪れた時に池に真っ白な鷺が舞い降りました!
少しずつこちらに寄ってきた時は
あずまやには私一人だけになっていて、
すぐそばの小路には人がたくさんいるのに
誰もこちらにはに入って来ず、突然の静寂の訪れ。
目の前の鷺と私だけの世界になりました。

まさに黄昏前のトワイライトゾーン
鷺と私、異世界に迷い込みました。
 
奇しくも2日前に、占星学の師が
天に召されていたと連絡を受けたところでした。
霊的探究もされておられたのでまさに成就ということでしょう。
師が鷺に身を移して目の前に現れてくださったような。。
 
言葉を超えた交流ができたような満足感に満たされ、
あずまやを出ようとしたら
鷺も一緒に飛び立ち、私と同じ方向に空高く舞い上がっていきました。
とても美しい飛翔で、師も見送ることができたということでしょうか。

季節は巡り、葉が落ち、土に帰る。
土は葉の経験を滋養に変える。
そして新しい芽を、木を育てる。
普遍の英知もこうして循環を繰り返し、
土の肥沃さを増し、より多くの木を育てることでしょう。
私もこの循環の土の、たった一握りにでもなれたら幸いと願います。



































爽やかな秋の風が吹き渡るこの頃ですね。

季節の変化とともに私の人生にも変化が訪れました。
数年間住んでいた住居は昭和38年に建てられたもので
レトロな風情がとても気に入っていて長く住みたかったのですが、
管理会社から耐久性の問題で契約は打ち切りますと。

不本意ながらの引っ越しの流れとなってしまいました。
私たちはコントロールできることは何一つない。。
起きてくる流れにいかに調和的に、創造的に
歓びとともに乗っていけるか。。
人生はそのようなチャレンジの連続です。

9月中旬には流れの加速が増して
あれよあれよと自我が付いていけないくらいの変化の渦中に。
奇しくも20日の新月の日に引っ越しをすることになり
秋分の日からはまた一層の変化の加速(@_@;)

もう何年もお世話になっていた
群馬県渋川市の胡桃家さんでの出張セッションも
突然胡桃家さんの諸事情により
一旦お休みさせていただく運びとなりました。
執着せず流れを受け入れ、流れに身を任せていきます。
お通いいただきました皆様にはご不便をおかけし
たいへん申し訳ございませんが
ご了承のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

秋分の日からこのような大きな変化も起き
人間関係にも変化が起きたり、
今までのエネルギーからトーンが変わり
次の新しいサイクルに入った感覚です。
全ては自分が創造しているということで
私は次はどんな現実を生きたいのか、創造したいのか
現われ出てくる現実を体験するのが楽しみです。

歓びと調和の創造を楽しみたいと思います♪

 
数年間通った路地裏の通勤路。
御爺さんがご自宅前の道に鉢植えを並べて育てられていて
季節ごとに素敵な花を咲かされていました。

毎日、今日はどんな花達に出会うか楽しみでした。
行くときは植物たちが励ましてくれて
帰る時は癒してくれていた植物たちに心から感謝です。
お水をあげていらした御爺さんに、
いつも素敵な花をありがとうございます、と
お伝えできたこともあり、
もう滅多に通らなくなる道になるので
植物たちとのお別れは悲しいけれど
さわやかな気持ちでもあります。

彼岸花の鉢の蕾が次々咲いていく中、
一つの鉢の彼岸花がまだ咲いていなくて
引っ越し前日の最後に通る日にもまだ咲いていないかしらと
見届けられないのが残念でしたが、
なんと!咲いていました!見届けられました!
それも思いがけない珍しい黄色の花でした。

花達からの私への素敵なサプライズギフトに
心がうるうるしちゃいました(T_T)
どうもありがとう!

秋風が花達をそよそよと揺らしていきました。
 
 
 
東京は8月は2週間連続で雨だそうで、まるで梅雨のような夏ですが
7月に時間ができたので、早めの夏休みをいただき
猛暑の夏!を満喫させていただけました。
今になってラッキーさに感謝です。
  
近場で、夏は海!ということで熱海へ。
基本的に神社仏閣めぐりは好きなので、
迷わず海&神社コース。
まずは熱海のビーチで禊(笑)
海開きの前だったので人もまばらで
水際でゆったり波と戯れることができました♪
 
 
熱海駅前はお土産物屋さんが軒を連ね、
観光地に来ました!という気分が盛り上がります♪
 
ランチはやはり海鮮丼をいただかないと、ですね。
とれとれの生のシラス&茹でシラス、ダブルでおいしい♪

腹ごしらえして伊豆山神社(いずさんじんじゃ)へ。
10年前に来たときにはなぜか山を上がるのに
30分以上かけて歩いた記憶が。。(^_^.)
古の人の参拝のたいへんさが身に染みましたが、
今回は駅前から神社前までバスで向い参拝。

階段を上がるとある手水舎には赤白の龍がいます。
赤白二龍(せきびゃくにりゅう)と言って
赤龍は火、白龍は水を操るとされ温泉の守護神だそうです。
(赤龍の口からお湯が出ていたらすごいな。。)



ちょうど夏越大祓で茅輪があり穢れをお祓いできました。
伊豆山神社は、正哉吾勝勝速日天忍穂耳尊という
(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)
稲穂、農業の神様と織物、安産の神様の
拷幡千千姫尊(たくはたちぢひめのみこと)、
農業の神様のににぎのみことが祀られています。
伊豆大権現、走湯大権現と称され、
湧き出る霊湯の“走り湯”が神格化された呼び方だそうです。
強運守護、福徳和合にご利益があるとされています。
男神の力強い、火的なエネルギー。
まさに強運守護!の頼もしいエネルギーを感じました。

紀元前5~4世紀に創建とされ歴史は古く、
源頼朝とも縁が深く、北条政子との逢瀬の場でもあったとのことで
(二人が座ったとされる腰掛け石があります)
縁結びにもご利益があるそうです。
徳川家康や大名、文化人が訪れている神社です。
よりパワーを感じる本宮はまだ山の上にあり、
急な登山道で1時間かかるそうです。
次回はぜひ参拝したいものです。

これは光り石といって、
アメノウズメノミコトが降臨したとされる石です。
看板には座って癒されてくださいとありまして、
(磐座なのにほんとにいいのですか!?)
遠慮なく座ってみました(笑)
すごくやわらかで、ゆったりしたエネルギーで癒されました!
もう動きたくない(笑)
 
境内の山から海を見下ろす。
涼やかな海風が木々を揺らし体を吹き抜け気持ちよすぎます。
参拝の人もまばらで10年前と何も変わらない
この景色とエネルギーにホッとします。
富士火山帯の火と海の水のエネルギーが融合される伊豆、
夏はより一層エネルギーが高まるイメージです。

明るいうちにホテル、アカオロイヤルウイングへ。
レストランも、客室全室オーシャンビュー、
ラウンジで海を見ながらお茶ができ、
夕暮れの海、朝日に光る海を見下ろす露天風呂は最高!
夕食のフレンチもすごく素敵でおいしくて満足満足♪
朝ももちろん海を眺めながらのビッフェ朝食。
海と過ごす優雅な時間は癒しの時間。
http://i-akao.com/royalwing/

2日目は熱海からJR伊東線で一駅の来宮神社へ。
駅からすぐの所にあるこの神社は初参拝です。

パワースポットブームで大勢の参拝客でにぎわっていました。
参道の真ん中にはスマホを置いて写真が撮れるように
ちょうど良い高さの台が数本立てられていました。
暑い中来てくださる参拝者にミストを噴霧。
至れり尽くせりのおもてなし、ということで。。
 
来宮神社の御神木は、本州一番の巨木、
国指定天然記念物の大楠。
樹齢2千年以上、幹周23.9m、高さ26m
古代の巨大な自然創造物には神が宿るという信仰から始まり
神が宿るとされるこの大楠を中心に社殿などが後に創られたそうです。
元々は木宮明神と呼ばれ、木に宿る神々をお祀りする神社として
古来生活に欠かせない木に対する感謝と
超越した木の生命力にあやかりたいという願いから
健康長寿、心願成就の御利益があるそうです。

このような巨木を見たのは人生初!
ただただ圧倒、圧巻です。神が在られる!
木の股のところに天狗様が座っているように感じました。

境内のカフェのテラス席で本格派カフェオレと特製一口まんじゅうを
ご神木を見ながらいただく。
神社は神様と私たちを縶ぐ窓口。
パワースポットブームにせよ多くの方が意識を向けるきっかけとして
神社に足を運び神様、高次元のエネルギーに触れるのは、
身近な存在になって喜ばしいこととも思います。
ご神木の存在力は誰もが何かを感じざるを得ないものであり、
来宮神社は本来の神社の役割も、
ブームの受け皿の機能も十分果たしていると思いました。

次はこちらも10年ぶりに三島大社へ。
大山祇命(おおやまつみのみこと)、山林農産の神様と
事代主神(ことしろぬしのかみ・恵比寿様)、福徳の神、
が祀られています。

奈良、平安時代の記録にも残る古さで
東海随一の社格です。

三島は富士山の湧水に恵まれ
市内には川が流れ水の都と呼ばれています。
(10年前に行った柿田川公園の湧水は美しすぎて感動)

涼しげな川の流れに導かれ三島大社へ。
参拝しようと本殿に向かったところ、
中央のお賽銭箱の周りに10数人のグループがおられ、
長い間皆さんで盛り上がっておられました。
熱中症になる前に参拝させてくださーい(笑)
三島大社は今ではパワースポットの草分け的存在なのでしょう。
大勢の人が訪れるという変化が起きたのか、磁場が10年前とは変わっている印象でした。
私達、人の波動に歩み寄ってくださっている愛を感じました。

今回の神社めぐりは多くのことを学ばせていただきました。
神様、高次元の存在、高次の波動、目に見えないもの、と
私たちの関わり方について。。

変わりゆく時代、情報、潮流、私たちの意識。
変わらない普遍のもの、本質、真理。
変わりゆく中で、何を大事なこととして持ち続けられるか。
常に本質を見極め、本質に繋がっていられるか。
どう在るか、を常に問われる。

本質そのもの、本質と統合した調和の意識で在るか
本質と離れる分離の意識で在るか。

伊豆の神様たちが教えてくださいました。





 





 
 
 
 
 
 
 
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
先日、初夏の一日を房総半島で過ごしてきました。
車で館山から鴨川まで、海岸、山を満喫♪
日常から心身を解放するには
自然の中に身を置くのが一番ですね。

その磁場の周波数に共振することで
自分の周波数の調整になりますよね。
その場所に行きたいという感覚は、
自分が必要としている周波数がそこにはある、
という自分からの導きでもあり、
その磁場が共振しにいらっしゃいと
呼んでくださっている導きでもあり?
 
房総に行きたいかも!と鴨川の友人に相談しましたら
ちょうど友人もお休みで、ナイスなタイミング!
あれよあれよとスムーズに流れが生まれました。
友人と宇宙の計らいに心から感謝です!
  
安房の一の宮(社格が高い)と言われる安房神社は
初めて足を運ばせていただきました。

安房神社は紀元前660年の創立という由緒正しい神社で
主祭神は天太玉命(アメノフトダマノミコト)で
日本のすべての産業の祖神として信仰を集めています。
商売繁盛や事業繁栄、起業拡大、技術向上などのご利益があるそうです。

また日本全土を龍に見立てると、
房総半島は東京湾という宝球を持つ龍の手の爪に見えることから
大事なものを離さない、大事なものを守る、
というパワーも授かれるそうです。
  
(一の鳥居。安房神社の鳥居は白。
本来鳥居は白色で仏教の影響で朱色になっていったらしいです
少し雲が出てきましたが、空の色に白色が溶けて神秘的)

(長い参道は桜並木、桜の頃も来てみたいです。
野鳥の声がさえずり自然の宝庫)
 
荘厳な佇まいの社殿には本坪鈴、鈴乃緒はなく(鳴らす鈴がない)
階段を上がって賽銭箱の真ん中に立って驚きました!
なんとなんと、真正面奥に大きな鏡があり、
私の胸から上が鏡に映っているではありませんか!?

ほとんどの神社の神様の依り代である鏡は御簾の向こう側であったり、
大きな神社では本殿まで白砂があり近寄れなかったりしますが
安房神社ではまさかの参拝者の真ん前に神様のご神体の鏡がある!

そこに私自身が大きく映しこまれている。
鏡の中の私と目が合った瞬間、雷に打たれたような衝撃!
神と私がひとつになっている!
私は誰?私は神で、神は私。。
Iam that I am
あああ!!なんという思いがけないサプライズギフト!

神なる高い周波数が共鳴し私に語りかける。
忘れないで、自分の本質を。
常にここに在るように。
本質という鏡はエゴで曇ってしまいがちだから
鏡を見るたびに、自分を本質に戻しそこに在れるように、
そして人の本質も同じだということを、
本質ではすべての人と、すべてと繋がっているということを
思いだしそこに自分が在れるように。と。

そして映し出される自分の姿は
今の状態をそのまま映しているわけで
見ることも勇気が要ります。
曇っている時はそれを教えてくれますので
その曇りを晴らすこともできます。

もしかしたら神社のそもそもの役割は
この鏡が在ってこそ果たされるのかもしれません。
昔の人は、今の自分はエゴで穢れていないかを鏡に映して客観視するために、
そして神なる自分の本質を忘れないために
神社に足を運んでいたのかもしれませんね。

毎日の生活で鏡に映る自分を見る、
私はちゃんと本質の自分でいて、
人の本質も忘れていないだろうか。。
その問いかけのために鏡を意識していきたいものです。
最近は鏡を見る度シワの数を数えていましたので、使い方を改めます(笑)

参拝中は他の参拝者もいなくて私達だけの静寂な時間でした。
いつも鏡はそのように在るのかわかりませんが
賽銭箱の真ん中に立てるように階段も真ん中を上がっていくと
真正面に鏡に映る、神なる自分と出会えます。
神とひとつになる瞬間、
この衝撃をぜひ皆さんにもご体験いただきたいです(#^.^#)

全体的に房総の穏やかなエネルギー場ではありますが
本殿の裏山のエネルギーも強く、
本殿との間の空間、水が湧き出ているところはエネルギーの質も独特で
なぜかそばに近寄れませんでした。。(-"-)


 
房総はやはり海!参拝前に海で禊♪
裸足でアーシング!いつ以来のことだか。。
直に大地に触れられて涙出るくらい嬉しかったです。
浜辺に寝そべり波の音に癒されました。
 
道の駅も充実しています。
それぞれ違った特色があるので楽しめます♪
海沿いのこちらはとれとれの海産物が中心

山の中の道の駅、こちらは花と野菜が中心。
卵が中心の道の駅もありました!
南房総は何でもおいしい~
 
海辺のカフェ、≪波音日和≫も楽しみました
居心地良くて時間を忘れてしまいました
https://tabelog.com/chiba/A1207/A120704/12032786/
 
南房総を縦横無尽に車を走らせて(笑)
楽しませてくれた友人に心から感謝です(T_T)























  
 
  
 
 
 
    HOME    次のページ   ≫
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.