こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
今年も夏至を迎えましたね。
この1、2週間は体調が不安定になった方が多かったようで、
クライアントさん達も眠気やだるさ等の
不調で来られる方も増えていました。

満月や磁場のエネルギーの変動(地震)など
エネルギーを体が敏感に感じて反応している方も多い印象です。
それだけエネルギーが強くなっているとも言えますが
梅雨の季節でもありますのでご無理が出ませんよう、
体の声を聞きつつ心身のバランスをとりながら
これらのエネルギーとも調和的に過ごしていきたいですね。
 
(雨上がりの光で輝く葉の水滴)

夏至は一年で最も陽が長い日。
地球では光と闇があるように
私たちの意識にも光と闇が在るように見えます。

私が認識できる顕在意識が光の部分、
顕在意識の認識の光が当たる部分の意識の層が光。
顕在意識の光が当たらない潜在意識の層が闇(影)。

顕在意識にとっては暗くて見えない、
海の底のように暗くて何があるかわからない潜在意識の層は
覗くことも怖いですし、光を当てて正体を見るのも怖いですよね。
海の底には何もないことにして、何も沈んでいないことにして
あっては困るものは見ないほうが安心、
自分が脅かされなくて安全ですよね。

(ここかしこにある光と影(闇)の美しい創造)

でも勇気を持って顕在意識の光で
潜在意識の海の底を照らすと
コウアルベキ、コウアラネバ、という言葉が刻まれた
苔むした石が見えたり、
恐れや、嫉妬、憎しみなどネガティブな感情の塊が見えてきます。
これらは見たくない、知りたくない、あっては困るものに感じます。
これらは知らず知らず私を不調和な方へ行くようにと
コントロールする装置でもあります。

光に当たって見えてきたこれらの石や塊を怖がらずに
よいしょと引き上げてよく見ると、
あ~、これね、なるほど、そっか、これだったのか!と
意識の光の下にさらせばさらすほど
たくさんの気づきが起きてきます。

そうするとそれは潜在意識の海の底で
私をコントロールする得体のしれない怖い装置ではなくなり
気づきと共に、より調和と本質に向かわせてくれる
ありがたい羅針盤に変化していきます。

(階段を上る光)

ボディートーク療法は、お体に(潜在意識に)聞いて
潜在意識に在るこのようなコントロール装置を探し出し、
タップすることでそれを中立化し、手放し、
これからの人生の調和と本質への羅針盤に変えていく
お手伝いをさせていただいています。

お越しくださっているクライアントさん方には
症状が出てるのですが何が原因か知りたくて、
体は何と言ってますか~?
職場でストレス感じるのですが
潜在意識では何が起きているのか知りたいので、
と、体の声を聞くことが、聞いて潜在意識につながることが
潜在意識に何が埋もれているのかを知ることが
楽しみに来てくださる方もおられます。
それは自分自身の未知の側面に出会う楽しみでもあり
内なる親友に会うのが楽しみ!という感じだそうで♪

闇(影:シャドウ)は実は
私たちをより調和、本質へ向かわせてくれる
ありがたいお友達です。

どうぞ怖がらないで、忌むべきものと排除しないで、
光と闇(影)の協力の元、
調和への創造の旅を楽しんでくださいますよう♪

(神楽坂の石畳の陰影礼賛)






 
 
 
たいへん遅ればせながら。。
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます<(_ _)>


2019年は平成から年号が変わったり、
時代の流れの変化のうねりの中、
より一層のAIなどテクノロジー、医療の進歩、
キャシュレスなど経済概念の変化
世界の価値観の変化などに伴い
私たちの意識もいやおうなく変化を強いられきそうですね。

こうあるべき、こうあらねばという
意識の塊はどんどん溶かして、
自分らしく、自分の中心と繋がって
自分の本質からぶれることなく
常に平安な心で、しなやかに雅やかに
流れに乗っていけたらいいですね。

そのように皆様が在れますよう、
本来の内なる力に気づいていかれますよう。
心身のバランスは意識のバランスから。。
今年もボディートークやアストロジーで
お手伝いをさせていただけましたらと存じます。
 
私個人の今年の早速の新しい流れは
ボディートーク・アクセスセミナーの会場に現れてきました。
 
去年1年間お世話になった
お気に入りだった神楽坂の古民家のレンタルルームも
今年からは全館貸切以外は使えなくなり(^_^.)
全ては潜在意識の意図で、流れではありますが
居心地、使い心地がよかっただけに残念。。
さて、次はどんな流れがやってくるでしょうか。。

手で握りしめているあらゆる執着を手放すことで、
指が開き手がオープンになります。
手を開いていると次に手にする必要があるものが
向こうからやってきます♪
 
こうあるべき、までのレベルでなくても、
希望、期待といった意識がべったり手のひらにくっついている。
それを全部手放していく作業は、こんな期待もしていたのか!と、
自分発見にもなり結構楽しい♪
 
すべての執着を手から放したら
同じくアクセストレーナーの樋渡adCBPが
姐さん(笑)よかったら僕の仕事場を会場に使ってくださーい、と!
引き寄せ早やっ!(笑)びっくりな展開でした。
ギフトを下さった宇宙に、樋渡adCBPに
心から感謝感謝です(T_T)

宇宙が与えてくださった新しい会場が
この先どの期間使わせていただくのか、
始めたその先に何があるのか未知数ですが、
それにも何にも執着せずに
ここで今、何か学びなさいということで
それを楽しみ、皆様には最善を尽くさせていただくべく
受け取らせていただくことになりました。

仏陀の最初の悟りは
≪すべては動いている、変わっている、変化している≫
という気づきだったという話があります。
この宇宙、世界の真理の一つは変化。

変化に、流れに調和とともに乗っていくために、
手の上に載ったものは握りしめず、
羽のようにそっと載せておこう。
羽が舞い上がって手を離れていく時も
握りしめずに、今まで学ばせてくれてありがとうと見送ろう。

何も握りしめず、手を開いたままで
手のひらで流れを感じるだけ。
そんな風に軽やかに雅やかに
微笑みながら流れに乗っていきましょう。

私の2019年はそのように、
まずは意識の執着をより手放すことを楽しみ、
より流れに身を委ねていく
手放し強化年間にしていこうと思います(#^.^#)




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボディートーークの施術士になってから
早や10年目になりました。
ここまで続けてこれましたのは皆様のおかげ様です。
改めまして皆様に心より感謝申し上げます。

エネルギー療法という言葉もまだ聞きなれない10年前、
エネルギー、波動、量子力学という世界がよくわからないまま
扉を開けてボディートーク療法を深めてきましたが、
エネルギー医学を紐解こうと最初に手にしたのが
≪バイブレーショナルメディスン≫という本でした。

著者は医学博士のリチャード・ガーバー氏。
エネルギー医学(波動医学)の治療体系を構築、
米国における統合医療の推進者でもあります。

これまでの物質医学(ニュートン医学)から
波動医学、微細エネルギー医学(アインシュタイン医学)へ。
人間を物質的存在ではなくエネルギー的存在、
エネルギー場として捉えなおし
より包括的な視野の獲得を試みる先端分野の全体像が分かります。

包括的(ホリスティック)というのは
身体性、精神性、霊性の統合体としての人間を扱う医学。
人間はそれらの波動(周波数)を持つ多次元的エネルギー的存在
という視点で健康、治癒とは何かを探求する分野です。
ボディートークはこの分野のヘルスケア様式です。

次に開いた本は
生物物理学者のジェームス・オシュマン博士の
≪エネルギー療法と潜在能力≫
オシュマン博士はボディートークのアドバイザーでもあります。
(amazonでは高額!!)

気功やヒーリング等エネルギー療法の効果を
科学的、論理的に分析した内容で、
生体のコミュニケーションを担っているのは、
神経系などとは別の潜在的な知覚伝導系であり
それは、生体マトリックスに備わった“超高速の情報伝達システム”であると。

症状などその部分だけを治療するのではなく、
このシステム全体に働きかける療法は
理にかなっていることになるという結論です。

ボディートークはクライアントのエネルギー場に
 タッピングすることで定常波を作り、
必要なバランスの情報を意図し観察することで
修正する新しい情報をこの伝達システムを使って
細胞レベルにまで浸透させていきます。

目に見えないエネルギー(波動)の分野が
量子物理学の発展で目覚ましく科学的に説明される時代になりました。
量子物理学から量子生物学へ、
生命体が持つ波動は情報、つまり意識である。
量子論で意識、生命を捉えなおす時代になっています。

量子哲学なる分野もあり、
ボディートーク開発者のジョン博士のセミナーで
バイオセントリズム(生命中心主義)の理論を学びました。

宇宙が先に在って生命体ができたのではなく、
観察者がいないと存在できないはずなので
生命体が観察することで宇宙が存在するという内容でした。。
私の脳はオーバーヒートして湯気が出ましたが、
 世界、宇宙の本質を量子論で探る時代の到来でもあります。
 
脳を冷やしながら(笑)
次に開いた本は
細胞生物学者のブルース・リプトン博士が著した
≪思考のすごい力≫≪思考のパワー≫



量子物理学のメカニズムが人間や社会にあてはまるか、
人間の精神などのエネルギーフィールドが
物質に影響を与えることが可能かということで、
細胞膜に関する画期的な研究で
実際に科学的に証明したものです。

遺伝子やDNAが人間の生体機能をコントロールしているのではなく、
細胞の「外側」から入ってくる情報が
DNAをコントロールしているということです。

つまり、意識や環境が細胞をコントロールし
遺伝子のふるまいを変えるということで
リプトン博士は遺伝子に関し、エピジェネティクスという
新しい分野の端緒も開きました。

私たちの思考、意識も強力なメッセージを発していて、
それらも細胞をコントロールしています。
私たちの思考、意識は、自分の肉体をも変えれる
無限の可能性を持っているということです。
ひいては思考の力が世界も変えていけるということになります。

ボディートークはこのように
意識が変われば肉体も変われるという量子論に基づいた療法です。
上記の最先端の分野のエピジェネティクスに関しても
バランスを取るテクニックの開発もしています。

来年2月にこのセミナーを受講しますので
その前に予習ということで購入した本が

≪迷惑な進化≫
著者のシャロン・モレアム氏は
医師、科学者で神経遺伝学、進化医学など深め
ユニークな視点で身体を論じています。

なぜ有害な病気の遺伝子が受け継がれて現存するのか、
糖尿病の遺伝子は氷河期を生き残るための知恵の産物、等
遺伝進化学を楽しく学べる内容です。
これで難解なイメージでとっつきにくい遺伝子に親しんでから(笑)

同じくモレアム氏の著書。
遺伝子の塩基配列そのものは変えられませんが、
問題のある遺伝子を発現させるかさせないかは
コントロールできるということです。

エピジェネティクスというのは
DNAの特定の場所にメチル基(CH3)がくっついたり外れたり、
DNAが巻き付くタンパク質であるヒストンの特定の場所にメチル基、
アセチル基(CH3-CO)などがくっついたり外れたりする
化学的な修飾の程度によって遺伝子の発現が
コントロールされる現象のことを言います。

環境からの情報が遺伝子のふるまいを変えてしまいますので、
この遺伝子のエピジェネティックな変化は
日常の食べ物、薬剤、運動、X線、ストレス等々で
簡単に起きてしまう可能性があるということです。

ボディートークではこれらの環境要因のストレス反応や
メチル化へのアプローチなどで
発現を弱めるバランスを取っていくことが可能になることでしょう。

最先端の科学を学べて
新しいテクニックを習得することは楽しみです♪
でも、それまでにこの本を読んでおかねば。。(^_^.)

しかし。。どこまで進化するのかボディートーク!
ボディートークの進化についていけますよう
私の脳も進化しますよう!(笑)















今年は暑中が、猛暑、酷暑お見舞い申し上げます、になりましたね。
不安定な天候にもなり、豪雨や台風が猛威を振るいました。
被災地の皆様に心からお見舞い申し上げます。

ニュースでは危険な暑さと報じられ、
子供たちも外で遊べない毎日が続いています。
季節ごとに毎日に彩りを与えてくれる地球からのギフトが、
体に危険を与えてしまうほどになるのは悲しくもありますが。。

これもどのような環境でもよりよく対応していけるよう、
私たちの知恵をより汲みだすためのチャレンジとして
受け止めていけたらと思います。
 
どうぞ皆様が熱中症対策、健康管理をされて
猛暑に対応していかれますよう。
まずはこまめな水分補給を習慣にして
脱水にならないよう気を付けていきたいものですね。

ボディートーク療法の治癒力を高めるテクニックの中に
≪水和≫という体内の水のバランスを取るテクニックがあります。
常に細胞が水に満たされ、細胞間を水がスムーズに移動し
慢性的脱水状態にならないよう
体が調整してくれるように促すものです。
 
ボディートークアクセスという日常に取り入れていただける
治癒力を高める5つのテクニックで構成された手法に
この水和のテクニックがあります。
普段水を飲まない人でも、自然に意識が水分補給に向き
気づいたら必要な時に必要な量を摂取できるようになりました。
という声を多数いただいています。

私は習得してから毎日9年間自分に施していますが、
水分補給が習慣になり、お肌も潤うようになりました。
それまでは乾燥肌でお手入れが大変でしたが、一石二鳥でした(#^.^#)

暑さにより対応できる体造りの手法の一つとして
改めましてこの場でご紹介させていただきますね。
ボディートークアクセスのご紹介の動画ができました!
わかりやすい内容になっていますので、
皆様にご覧いただけましたらと思います。

詳細はこちらからどうぞ。。
https://www.youtube.com/watch?v=OE9FP--Ekas&feature=youtu.be

アクセスセミナー情報はこちらからどうぞ。
https://www.bodytalkjapan.com/bodytalker/seminars/session.php
 
水分補給だけでなく、
スポーツドリンクで電解質のバランスも摂り
栄養、睡眠、休養などにもより意識を向けて
体を大切に、暑さによりよく対応していけたらいいですね。

そして、暑い季節を元気に過ごしていかれますよう、
皆様のご健康をお祈りいたしております。

日々の中に心の涼しさも取り入れて
夏と仲良くしていきたいですね♪














人体の不思議展に足を運んできました。
以前にNHKスペシャルで、
≪人体の神秘・巨大ネットワーク≫の放映がありましたが
より身近に体感したいと思い、緑豊かな上野公園の国立科学博物館へ。
 
【神秘への挑戦】というタイトルで、
人体の神秘を解明してきた歴史から実際の臓器の標本、
現在どこまで解明されているかの内容まで盛り沢山!

最新の技術で人類は宇宙に飛び出し、
広大無辺のマクロの宇宙の神秘を解明し始め、
そして私達の肉体そのもの、ミクロの世界も解明してきています。
この人類の好奇心と探究心がどちらの世界も広げていきます。

マクロとミクロ、両方の視点から
人間とは、私とは、生きるとは?、ということの
答えを見つけたいという人類の想いの表れですね。

ボディートーク療法では
心身のコミュニケーションネットワークの
アンバランスをバランスしていくことで、
心身複合体は元来の自然治癒力を取り戻し
自分自身でアンバランスを治癒し始める、という概念ですが、
神経の伝達や、ホルモン物質、経絡でのコミュニケーションだけでなく
いろんな臓器や骨からもメッセージ物質を出して
それぞれが脳を介さずバランスを目指して
コミュニケーションを取っていることが解明されたということで、
ボディートーカーにとっては嬉しい情報です。
このような最新の情報を視覚や聴覚、体感を通して得ることができるのは
ボディートーク療法の理解にも繋がりありがたい限りです。

たとえばセッションで心臓と腎臓のバランスを取ってほしいと出たら、
これらのメッセージ物質のやり取りもバランスしているということで
施術士はこのような新しい情報により、
よりバランスのフォーカスができるので
セッションがよりパワフルになっていきます。
 
科学技術の発展でまだまだ未知なる体の神秘が明らかにされていきます。
これからはDNAの謎の解明が進むようで楽しみです。
ボディートークではエピジェネティクスのバランスも取っていきます。
エピジェネティクスとは環境によって変化する遺伝子のスイッチで
親から受け継いだ遺伝情報をオン・オフすることで
発現を活性したり抑制するシステムです。
勉強することが山ほどある中でも、遺伝子の世界は興味深い分野です。
 
自分の体で何が行われているのかを知れば知るほど、
この生命の神秘に驚かされます。
体の中でたくさんのメッセージを出し合って
会話が絶え間なく行われていることに意識を向けると
生命の営み自体に圧倒されます。
私の体ってすごい!
こんなにすごいことをしてくれていることに、
ただただ、感謝です。

今、私が、生きている。
世界を感じ、自分を感じ、泣いたり笑ったりして生きて、
今、ここにいることの神秘と感謝に溢れます。

もっともっと、自分の体を大事に愛してあげたくなりました。
私の体、いつもありがとう。

6月17日まで開催中です。
自分の体へのミクロの旅へぜひお出かけください。




 
ようやく三寒四温も落ち着いてきましたね、
今年も大好きな桜の季節の到来です♪

先月からボディートークの皆さん達と
創始者のジョン・ヴェルトハイム博士の英語の著書、
the Science and Philosophy of Bodytalk
の翻訳を分担して読んでいく会に参加しています。

ボディートーク療法の書籍が出版されているのは知っていましたが
日本語版は出版されていないので、
読みたいけれど英語を一人で紐解くのは難しくもあり
この機会はとても勉強になり、ありがたいものになりました。
このたび読書会を企画してくださったCBPに、
ご賛同くださったCBP(施術士)の皆様に心から感謝いたします。


Zoomというスカイプで皆が参加できるシステムを使うとのこと、
超アナログ人間のIT音痴の私にとっては
文明開化のカルチャーショックぐらいの経験で
何か操作を間違えたらシステムを壊しちゃうのでは。。
くらいの緊張感(^_^.)

そもそも電子書籍キンドルを使うのも初めてのことで
未だに勝手がわからない原始人。
翻訳作業も、IT対応も皆さんのお優しいご指導のお陰様で
なんとかIT時代の流れに調和的に乗っていけそうで心から感謝感謝です!

お陰様で海外在住の日本人のクライアントさんも増えてきましたので
皆様のご要望もあり、このIT対応の流れの機会に
PeyPalの導入をいたします流れになりました。
ありがたいことに知人がセッティングをしてくださる運びになり
新しい世界への扉を開くために、皆様のサポートをいただけて感謝で一杯です。
クライアントの皆様に便利さをご提供させていただけましたら幸甚です。

新しい未知の世界への扉を開く流れが来ても
一人では扉を開けれないこともあります。
でも、必要なところに必要な人がちゃんといてくれて
いつでも必要な力を貸してくださることに気づけたら
簡単に扉を開けることができるものですね。

そして皆さんのサポートに感謝しつつ
私も皆さんの必要な時に必要な力をお貸しできる
そのような存在でありたいと思います。

感謝の気持ちの循環が広がり、より大きな循環になる。
その繋がりの循環は喜びに満ちています。




















寒中お見舞い申し上げます。

大寒あたりから最強寒波が来て
文字通り本格的に寒さが厳しくなりましたね。
寒波は少し緩んではきましたが
皆様、どうぞ温かくお過ごしになってご自愛くださいますよう。
 
この時期は受験に向けての心身のバランス、
受験、受験勉強のパフォーマンスを高め、
能力を最高最善に発揮できますようにと
セッションを受けに来て下さる受験生の方、
サポートするご家族の方々が増えます。

受験や人生において精神的、肉体的に
厳しい冬の季節と感じる、試練の時と感じる時期は
誰にでもやってくると思います。
 
試練とは。。いろんな人がいろんな見解を述べて
試練を乗り越えるための力を与えてくださっていますが、
私のお気に入りは
≪試練とは、困難を成長の糧、学びにできるかどうかを試されること≫
という言葉と

≪ある時天候不順が続き稲が不作になったとき、
皆が神様にどうか何事もなく順調に育ちますようにと祈ったところ
神様がよしわかった、望み通りにしましょうと。
そしてその年は何事もなく順調に稲が育ち皆は大喜びでしたが、
実った稲穂の中身は何もなくお米は育ってなかった≫
というお話と

アインシュタインの言葉、
≪問題は今までと同じ視点、意識のレベルでは解決できない≫

心理学者チャック・スペザーノ博士の
≪試練:シャーマニックテストは次のレベルに行くための
自分が創ったチャレンジ。新たな意識のレベル、
ヴィジョンやパワーへの飛躍のチャンス≫
という解釈です。

困難に出会う度、
え~!次はこんなすごいチャレンジですか~!?カンベンしてよね。。
と、チャレンジを設定した自分に対して突っ込み入れながらも(笑)
私って次はどんな進化を望んでるのかしら、
さてさて、何をどうやって、どのような方法を使おうか
こんな見方、考え方はどうかなと創造していく過程は楽しくもあり。
誰か情報持っているかな、ここは誰にサポートしてもらおうかな、
と人間関係が広まったり深まったり。
これってこういうことなんだ!と新しい気づきがあったり。
人の優しさや温情に触れ時には涙して愛をより深く学べたり。。

困難、試練に逃げずに立ち向かうことで
たくさんたくさんのギフトを授かります。

実際に脳のレベルでも葛藤したり悩むほどに
脳細胞が活性化し神経ニューロンが新しく創られます。
自分自身で自分の脳や心、精神をより進化させていく
今までの自分ではない新しい自分になる
素晴らしいチャンスと言えます。
 
より柔軟に、調和的に進化していくための方法は
私たちが持つ治癒力(体の知恵、内なる力)が知っています。
それをより高めて使っていただけますよう
お手伝いをさせていただけましたらと思います。

冬の季節がたくさんのギフトを授けてくださいますよう

シャーマニックテストに立ち向かうすべての方々、
受験生の皆様に心からエールを送ります


大雪の日の神楽坂
数件のお店の前に個性的な雪だるまが出現!
試練の時こそ、遊び心を持てますよう(#^.^#)


 













ボディートーク療法は動物にも対応できるものですが、
日々治癒力を高めるためのボディートークアクセスのテクニックも
動物のために開発されています。

今回はオーストラリアからジャッキー先生をお招きして
都内で2日間のセミナーが開催されました。
参加者の方の愛犬が5匹いましたが、最後まで静かに一緒に参加して
皆でバランスを取っていくたびに
エネルギーに反応する様子は興味深かったです。
先生の愛情に満ちた動物へのご対応は学びも多く、
パワフルな講義で動物への理解も深められた楽しい2日間でした。
 
(右側の写真がジャッキー先生、
動物へのタップは今までは触れて行ってましたが
自分を代理人にして自分をタップするやり方になりました)

クライアントさんのご希望で愛犬、愛猫たちの
セッションもさせていただいていますが、
近所の動物病院の院長先生がボディートークをご理解くださっていて
必要と思われる飼い主さんと愛犬、愛猫をご紹介いただいており
皆様の治癒力を高めるお手伝いの一端を
担わせていただきありがたい限りです。
 
愛犬が愛情ゆえに、飼い主さんに幸せになってもらいたいために
飼い主さんの問題や課題を引き受けて病気になったり、
敏感ゆえに人間のライフスタイルや飼い主さんの信念などに影響を受けて
心身のアンバランスをきたしていることを実感しています。

動物の本来の治癒力を取戻し、より心身が健康に向かえますよう
10分でできるボディートークアクセスのテクニックを
毎日の生活の中に取り入れていただけたらと思います。
ご自身と、家族の一員である愛犬、愛猫のために。
 
出張に行かせていただいている群馬県、渋川市の胡桃家さんに
カトちゃんという美猫がいます。
セッションルームの入り口の引き戸を自分で開けて入ってきて
(自分で閉めるようになったら宇宙猫に進化(笑)
椅子に寝そべってみたり、窓辺に張り付いていたり
ベッドに寝ているクライアントさんの
足元やお腹、胸に乗ってきて寝ちゃったり。。
カトちゃんの行動はセッションのエネルギーと
シンクロしていたり、内容と繋がっているので
いつも興味深く観察しています。

犬は人の課題や問題を引き受けて身代わりになると言われますが、
猫は人の不具合を癒してくれると言われます。
特に喉をゴロゴロ鳴らす周波数は高次元の癒しの周波数とのこと。

クライアントさんの生殖器のバランスを取っているときに
お腹の上に乗って来たり、カトちゃんはさすがのヒーラーです。
クライアントさんのためにセッションのお手伝いをしてくれて
いつも本当にありがとうねー(#^.^#)

お礼にいつも大脳皮質のタップをさせてもらっていますが、
今月伺う時はアクセスのテクニックさせてもらいますね♪















神楽坂下のお濠の道は桜の絨毯。
花が散り始め、葉桜になるころになりました。
 
水の上には光の乱舞と花筏
今頃の桜が私は一番好きです。
 
桜の後にはアースデーのシーズンがやってきます。
皆んなで1年の内のたった一日でいいから
地球のことに意識を向けてみましょうという日がアースデーです。
 
世界中の人たちが一斉に同時に地球のことを考え、思いやる日。
そのエネルギーは世界の人たちの意識を調和に導き、
地球への愛となって、大地、すべての生命にも
調和をもたらすことになりますように。

そして癒しへの祈りも込めて、
今年も21日に永田町の参議院会館で開催される永田町アースデーに
ボディートークのブースを湯田CBPとご一緒に出させていただきます。
施術料金は寄付をしていただく形で、収益は各種支援団体に寄付させていただきます。
今年も政治に関わる方たちにタップさせていただきますことを楽しみにしています。

https://www.facebook.com/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%87%E3%82%A4%E6%B0%B8%E7%94%B0%E7%94%BA-855973427761858/

ご参加申し込みはこちらからになります。
参議院会館に入るには通行証が必要ですので
入場時間はご予約になり、通行証をお渡しする形です。
https://earthdaynagatacho.wixsite.com/ednagatacho

ここは本当に参議院会館?と驚くような
お花や緑がいっぱい、土の山が盛られたり趣向を凝らしています。
色々な癒しのブースや飲食のブースも楽しめます。

あらっ!?HPの中の施術を受けている写真の人って、
どこかで見た顔だと思ったら、なんと私でした~(笑)
先日ボディーエコロジー(身体の生態系)という
4日間のセミナーを受講して参りました。
講師のローラ・ストゥブェ博士は分子生物学博士であり、
ボディートーク施術士、インストラクターとしてご活躍されておられる方で
25年にわたり人間の分子遺伝学を研究されてこられたという
科学者としてのプロフィールの持ち主ですが、
知性と感性、優しさに溢れた素敵な女性です。
 
今回のセミナーは微生物と身体の関係において
進化生物学と進化生態学の観点を
ボディートークに取り入れたものです。
 
過去には私達の免疫系と微生物は調和の状態を保っていましたが、
この100年ほどの間の文明の進歩とともに
体の外と内側の生態系が変化しバランスが崩れてきたことで
あらゆる健康上の問題が引き起こされています。

私たちと微生物たちの関係をより理解し
ボディートークのテクニックによってよりよくバランスすることで、
皆様の健康を取り戻していただくためのコースでした。

研究が進み体内の微生物の存在と働きが明らかになるにつれ
私たちは実に1万種、100兆ものバクテリア、その他の微生物と
共生していることがわかってきました。

皮膚、口、鼻腔、消化器系、泌尿・生殖器系など
私たちが外界と接する境界線の上皮に生息し
私達の体内の免疫細胞たちと共に、
私達を外界から守ってくれています。

これらの微生物の共生種(有益な友達)は
消化、ビタミン産生、免疫機能のサポートをしてくれてるだけでなく
脳の機能(気分や脳内のコミュニケーション)、
腎機能、皮膚の健康にも一役かってくれています。
 
色々なストレスによってこれらの共生種がアンバランスをきたし
免疫機能とのアンバランスをきたすことで
アレルギー、不耐症、自己免疫疾患、リーキーガット、など
様々な症状を引き起こすことが解明されてきています。
 
ボディートークはどのようなストレスが原因になっているか、
そのような意識のアンバランスが反映しているか、
どの部分でどのようなアンバランスが生じているか、
などを体に教えてもらいバランスを取り戻すことで
ご自身の治癒力が高まり治癒活動を促していきます。

ボディートークはこれからも
最新の科学を取り入れて、ますます進化していきます。
新しい知識やテクニックの習得はわくわくします♪
皆様の健康のためにお役に立てますよう
楽しみながら学びを深めていきたいと思います。















    HOME    次のページ   ≫
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.