こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

今年は暑中が、猛暑、酷暑お見舞い申し上げます、になりましたね。
不安定な天候にもなり、豪雨や台風が猛威を振るいました。
被災地の皆様に心からお見舞い申し上げます。

ニュースでは危険な暑さと報じられ、
子供たちも外で遊べない毎日が続いています。
季節ごとに毎日に彩りを与えてくれる地球からのギフトが、
体に危険を与えてしまうほどになるのは悲しくもありますが。。

これもどのような環境でもよりよく対応していけるよう、
私たちの知恵をより汲みだすためのチャレンジとして
受け止めていけたらと思います。
 
どうぞ皆様が熱中症対策、健康管理をされて
猛暑に対応していかれますよう。
まずはこまめな水分補給を習慣にして
脱水にならないよう気を付けていきたいものですね。

ボディートーク療法の治癒力を高めるテクニックの中に
≪水和≫という体内の水のバランスを取るテクニックがあります。
常に細胞が水に満たされ、細胞間を水がスムーズに移動し
慢性的脱水状態にならないよう
体が調整してくれるように促すものです。
 
ボディートークアクセスという日常に取り入れていただける
治癒力を高める5つのテクニックで構成された手法に
この水和のテクニックがあります。
普段水を飲まない人でも、自然に意識が水分補給に向き
気づいたら必要な時に必要な量を摂取できるようになりました。
という声を多数いただいています。

私は習得してから毎日9年間自分に施していますが、
水分補給が習慣になり、お肌も潤うようになりました。
それまでは乾燥肌でお手入れが大変でしたが、一石二鳥でした(#^.^#)

暑さにより対応できる体造りの手法の一つとして
改めましてこの場でご紹介させていただきますね。
ボディートークアクセスのご紹介の動画ができました!
わかりやすい内容になっていますので、
皆様にご覧いただけましたらと思います。

詳細はこちらからどうぞ。。
https://www.youtube.com/watch?v=OE9FP--Ekas&feature=youtu.be

アクセスセミナー情報はこちらからどうぞ。
https://www.bodytalkjapan.com/bodytalker/seminars/session.php
 
水分補給だけでなく、
スポーツドリンクで電解質のバランスも摂り
栄養、睡眠、休養などにもより意識を向けて
体を大切に、暑さによりよく対応していけたらいいですね。

そして、暑い季節を元気に過ごしていかれますよう、
皆様のご健康をお祈りいたしております。

日々の中に心の涼しさも取り入れて
夏と仲良くしていきたいですね♪














人体の不思議展に足を運んできました。
以前にNHKスペシャルで、
≪人体の神秘・巨大ネットワーク≫の放映がありましたが
より身近に体感したいと思い、緑豊かな上野公園の国立科学博物館へ。
 
【神秘への挑戦】というタイトルで、
人体の神秘を解明してきた歴史から実際の臓器の標本、
現在どこまで解明されているかの内容まで盛り沢山!

最新の技術で人類は宇宙に飛び出し、
広大無辺のマクロの宇宙の神秘を解明し始め、
そして私達の肉体そのもの、ミクロの世界も解明してきています。
この人類の好奇心と探究心がどちらの世界も広げていきます。

マクロとミクロ、両方の視点から
人間とは、私とは、生きるとは?、ということの
答えを見つけたいという人類の想いの表れですね。

ボディートーク療法では
心身のコミュニケーションネットワークの
アンバランスをバランスしていくことで、
心身複合体は元来の自然治癒力を取り戻し
自分自身でアンバランスを治癒し始める、という概念ですが、
神経の伝達や、ホルモン物質、経絡でのコミュニケーションだけでなく
いろんな臓器や骨からもメッセージ物質を出して
それぞれが脳を介さずバランスを目指して
コミュニケーションを取っていることが解明されたということで、
ボディートーカーにとっては嬉しい情報です。
このような最新の情報を視覚や聴覚、体感を通して得ることができるのは
ボディートーク療法の理解にも繋がりありがたい限りです。

たとえばセッションで心臓と腎臓のバランスを取ってほしいと出たら、
これらのメッセージ物質のやり取りもバランスしているということで
施術士はこのような新しい情報により、
よりバランスのフォーカスができるので
セッションがよりパワフルになっていきます。
 
科学技術の発展でまだまだ未知なる体の神秘が明らかにされていきます。
これからはDNAの謎の解明が進むようで楽しみです。
ボディートークではエピジェネティクスのバランスも取っていきます。
エピジェネティクスとは環境によって変化する遺伝子のスイッチで
親から受け継いだ遺伝情報をオン・オフすることで
発現を活性したり抑制するシステムです。
勉強することが山ほどある中でも、遺伝子の世界は興味深い分野です。
 
自分の体で何が行われているのかを知れば知るほど、
この生命の神秘に驚かされます。
体の中でたくさんのメッセージを出し合って
会話が絶え間なく行われていることに意識を向けると
生命の営み自体に圧倒されます。
私の体ってすごい!
こんなにすごいことをしてくれていることに、
ただただ、感謝です。

今、私が、生きている。
世界を感じ、自分を感じ、泣いたり笑ったりして生きて、
今、ここにいることの神秘と感謝に溢れます。

もっともっと、自分の体を大事に愛してあげたくなりました。
私の体、いつもありがとう。

6月17日まで開催中です。
自分の体へのミクロの旅へぜひお出かけください。




 
ようやく三寒四温も落ち着いてきましたね、
今年も大好きな桜の季節の到来です♪

先月からボディートークの皆さん達と
創始者のジョン・ヴェルトハイム博士の英語の著書、
the Science and Philosophy of Bodytalk
の翻訳を分担して読んでいく会に参加しています。

ボディートーク療法の書籍が出版されているのは知っていましたが
日本語版は出版されていないので、
読みたいけれど英語を一人で紐解くのは難しくもあり
この機会はとても勉強になり、ありがたいものになりました。
このたび読書会を企画してくださったCBPに、
ご賛同くださったCBP(施術士)の皆様に心から感謝いたします。


Zoomというスカイプで皆が参加できるシステムを使うとのこと、
超アナログ人間のIT音痴の私にとっては
文明開化のカルチャーショックぐらいの経験で
何か操作を間違えたらシステムを壊しちゃうのでは。。
くらいの緊張感(^_^.)

そもそも電子書籍キンドルを使うのも初めてのことで
未だに勝手がわからない原始人。
翻訳作業も、IT対応も皆さんのお優しいご指導のお陰様で
なんとかIT時代の流れに調和的に乗っていけそうで心から感謝感謝です!

お陰様で海外在住の日本人のクライアントさんも増えてきましたので
皆様のご要望もあり、このIT対応の流れの機会に
PeyPalの導入をいたします流れになりました。
ありがたいことに知人がセッティングをしてくださる運びになり
新しい世界への扉を開くために、皆様のサポートをいただけて感謝で一杯です。
クライアントの皆様に便利さをご提供させていただけましたら幸甚です。

新しい未知の世界への扉を開く流れが来ても
一人では扉を開けれないこともあります。
でも、必要なところに必要な人がちゃんといてくれて
いつでも必要な力を貸してくださることに気づけたら
簡単に扉を開けることができるものですね。

そして皆さんのサポートに感謝しつつ
私も皆さんの必要な時に必要な力をお貸しできる
そのような存在でありたいと思います。

感謝の気持ちの循環が広がり、より大きな循環になる。
その繋がりの循環は喜びに満ちています。




















寒中お見舞い申し上げます。

大寒あたりから最強寒波が来て
文字通り本格的に寒さが厳しくなりましたね。
寒波は少し緩んではきましたが
皆様、どうぞ温かくお過ごしになってご自愛くださいますよう。
 
この時期は受験に向けての心身のバランス、
受験、受験勉強のパフォーマンスを高め、
能力を最高最善に発揮できますようにと
セッションを受けに来て下さる受験生の方、
サポートするご家族の方々が増えます。

受験や人生において精神的、肉体的に
厳しい冬の季節と感じる、試練の時と感じる時期は
誰にでもやってくると思います。
 
試練とは。。いろんな人がいろんな見解を述べて
試練を乗り越えるための力を与えてくださっていますが、
私のお気に入りは
≪試練とは、困難を成長の糧、学びにできるかどうかを試されること≫
という言葉と

≪ある時天候不順が続き稲が不作になったとき、
皆が神様にどうか何事もなく順調に育ちますようにと祈ったところ
神様がよしわかった、望み通りにしましょうと。
そしてその年は何事もなく順調に稲が育ち皆は大喜びでしたが、
実った稲穂の中身は何もなくお米は育ってなかった≫
というお話と

アインシュタインの言葉、
≪問題は今までと同じ視点、意識のレベルでは解決できない≫

心理学者チャック・スペザーノ博士の
≪試練:シャーマニックテストは次のレベルに行くための
自分が創ったチャレンジ。新たな意識のレベル、
ヴィジョンやパワーへの飛躍のチャンス≫
という解釈です。

困難に出会う度、
え~!次はこんなすごいチャレンジですか~!?カンベンしてよね。。
と、チャレンジを設定した自分に対して突っ込み入れながらも(笑)
私って次はどんな進化を望んでるのかしら、
さてさて、何をどうやって、どのような方法を使おうか
こんな見方、考え方はどうかなと創造していく過程は楽しくもあり。
誰か情報持っているかな、ここは誰にサポートしてもらおうかな、
と人間関係が広まったり深まったり。
これってこういうことなんだ!と新しい気づきがあったり。
人の優しさや温情に触れ時には涙して愛をより深く学べたり。。

困難、試練に逃げずに立ち向かうことで
たくさんたくさんのギフトを授かります。

実際に脳のレベルでも葛藤したり悩むほどに
脳細胞が活性化し神経ニューロンが新しく創られます。
自分自身で自分の脳や心、精神をより進化させていく
今までの自分ではない新しい自分になる
素晴らしいチャンスと言えます。
 
より柔軟に、調和的に進化していくための方法は
私たちが持つ治癒力(体の知恵、内なる力)が知っています。
それをより高めて使っていただけますよう
お手伝いをさせていただけましたらと思います。

冬の季節がたくさんのギフトを授けてくださいますよう

シャーマニックテストに立ち向かうすべての方々、
受験生の皆様に心からエールを送ります


大雪の日の神楽坂
数件のお店の前に個性的な雪だるまが出現!
試練の時こそ、遊び心を持てますよう(#^.^#)


 













ボディートーク療法は動物にも対応できるものですが、
日々治癒力を高めるためのボディートークアクセスのテクニックも
動物のために開発されています。

今回はオーストラリアからジャッキー先生をお招きして
都内で2日間のセミナーが開催されました。
参加者の方の愛犬が5匹いましたが、最後まで静かに一緒に参加して
皆でバランスを取っていくたびに
エネルギーに反応する様子は興味深かったです。
先生の愛情に満ちた動物へのご対応は学びも多く、
パワフルな講義で動物への理解も深められた楽しい2日間でした。
 
(右側の写真がジャッキー先生、
動物へのタップは今までは触れて行ってましたが
自分を代理人にして自分をタップするやり方になりました)

クライアントさんのご希望で愛犬、愛猫たちの
セッションもさせていただいていますが、
近所の動物病院の院長先生がボディートークをご理解くださっていて
必要と思われる飼い主さんと愛犬、愛猫をご紹介いただいており
皆様の治癒力を高めるお手伝いの一端を
担わせていただきありがたい限りです。
 
愛犬が愛情ゆえに、飼い主さんに幸せになってもらいたいために
飼い主さんの問題や課題を引き受けて病気になったり、
敏感ゆえに人間のライフスタイルや飼い主さんの信念などに影響を受けて
心身のアンバランスをきたしていることを実感しています。

動物の本来の治癒力を取戻し、より心身が健康に向かえますよう
10分でできるボディートークアクセスのテクニックを
毎日の生活の中に取り入れていただけたらと思います。
ご自身と、家族の一員である愛犬、愛猫のために。
 
出張に行かせていただいている群馬県、渋川市の胡桃家さんに
カトちゃんという美猫がいます。
セッションルームの入り口の引き戸を自分で開けて入ってきて
(自分で閉めるようになったら宇宙猫に進化(笑)
椅子に寝そべってみたり、窓辺に張り付いていたり
ベッドに寝ているクライアントさんの
足元やお腹、胸に乗ってきて寝ちゃったり。。
カトちゃんの行動はセッションのエネルギーと
シンクロしていたり、内容と繋がっているので
いつも興味深く観察しています。

犬は人の課題や問題を引き受けて身代わりになると言われますが、
猫は人の不具合を癒してくれると言われます。
特に喉をゴロゴロ鳴らす周波数は高次元の癒しの周波数とのこと。

クライアントさんの生殖器のバランスを取っているときに
お腹の上に乗って来たり、カトちゃんはさすがのヒーラーです。
クライアントさんのためにセッションのお手伝いをしてくれて
いつも本当にありがとうねー(#^.^#)

お礼にいつも大脳皮質のタップをさせてもらっていますが、
今月伺う時はアクセスのテクニックさせてもらいますね♪















    HOME    次のページ   ≫
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.