こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250]  [249]  [248]  [247]  [246]  [245
今日は立春
今日から暦の上では春です。

この1、2年は私にとっては闇とは何かを学ばせていただいた
人生においてもとても大事な毎日でした。

人の心の闇は私の心の闇を映し出し
底知れない自分の闇の深さに宇宙そのものを見て
闇から光を見るという心理的行為を通して
陰陽の意味をまた洞察した期間でした。

光と闇という名前を付けて分類をしてしまいますが
全体と分離というエネルギー現象があるということかもしれません。
全体が光とすれば、光から分かれて離れれば離れるほど、
闇に向かってしまうということですね。

早稲田に穴八幡という神社があります。
前から知っていましたが足を運んだことがなかったのですが
穴(闇)から抜けて光に向かえるように、
というお願いをするということです。

今年は奇遇にも友人が行きたいからと誘ってくれました。
お札を冬至、大晦日、節分のいずれかの午前零時に
年神様がいる恵方に向けて柱に貼ると
豊かさ、繁栄が授かるとのこと。

これはようやく私も闇から光へと
シフトする時期がきたというお告げかなと
一陽来復と書いたお札を購入しました。

ぴったり午前零時に貼るので数分前からスタンバイ!
方角を磁石で確認したり両面テープを付けたり。。
まさにこれは“儀式”ですね。
すがすがしい緊張感に包まれながら無事張ることができました。

春の訪れとともに意識を光に向けて
ただ光に共振、共鳴するだけでいい
自分でそうすることをただ許せばいい

友人の“儀式”の様子。。
スタンバっていたのにちょっとその場を離れたら
零時になりかけてしまい、あわてて柱の前に走り戻ったら
足を滑らせ転んで見事なスライディング~!!(@_@;)
 障子に大きな穴をあけてしまったそうで!!!
穴から出るはずが新しい穴を開けるとは
部屋にもより光が差し込みますね(笑)


丸い筒状のお札
恵方に向けて正面の角度を調整できるようになっています
振るとカラカラ音がします。
何が入っているのか興味津々(*^_^*)
今年の恵方は南に近い西なので
恵方に向けて東の柱に貼りました。


東西線早稲田駅からすぐの穴八幡
朱色の鳥居には“光”の文字が。
本殿は黒塗り、まさに闇の色!
中も薄暗く、外に出ると早春の日差しが眩しい!

植物は光に向かって伸びていきますが、
より大きく成長するために
地中の闇深くに根を張ります。
闇は私たちを育み育ててくれて
より光を光たらしめてくれます。


一陽来復:陰が極まって陽が生じる
暗い冬が終わると明るい春がやってくる
私たちの成長のサイクルは自然とともに。









カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.