こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259
【競争社会でなく協力社会を】
と、自由学園の教師でおられた宮嶋眞一郎氏が
共働学舎を1974年に創設されました。

その一つの長野県小谷村にある真木共働学舎、
山の中の昔ながらの古民家(アラヤシキ)に住む人々の
毎日の生活を描いたドキュメンタリーが上映されています。

今の社会に生きづらさを感じる人も、
そうでない人もみんな一緒に
誰もが持つ個性と能力を尊重しあい
農業、酪農で共働して生きる営みの日常の情景。
日々の、人生の時間とは、
私たちの個性とは、協力して生きるとは・・
と、改めて思いを巡らさせてくれる映画でした。

宮嶋氏は
点数によって評価される価値観ではなく、
人間一人一人に必ず与えられていると信ずる
固有の命の価値を重んじ、
互いに協力することによって、
個ではできない更に価値のある社会を造ろうと願うものです。
と言われます。

いろんな個性があっていいのに
どうして他と比べたり、ジャッジされたりしちゃうのでしょうか。。
みんな違う個性、でも同じ存在。
みんな一緒に地球に生きている。

美しい自然の季節の風景、
全編BGMが鳥や虫の声、風や雨や、雪の降る音。
2時間の長編ですが満ち足りた時間になりました。
本橋成一監督の作品は優しさにあふれています。

ポレポレ東中野で上映中です。






カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.