こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[275]  [274]  [273]  [272]  [271]  [270]  [269]  [264]  [263]  [262]  [261
10年以上使っている“愛でもの”
信楽焼の作家物の茶碗が
欠けてヒビが入ってしまいました。。

愛でものは捨てがたく、
捨てるにはもったいない代物。。

そうだ!知人が金継ぎをやっていたと思いだし、
早速相談がてら茶碗を見せたら
知人は快く引き受けてくださいました。

金継ぎとは、割れたり欠けたりした焼きものをで接着し、
繕った部分を金を装飾していく修理方法。
手順が動画でありましたのでこちらをどうぞ

https://www.youtube.com/watch?v=1Ws078AjfJU

金継ぎは日本独自の古来からある修理法。
修理後の継ぎ目を「景色」と称して、
破損前と異なる趣を楽しむこともでき
またそれによってより愛着がわきます。
ものを大事に、修理の後さえも楽しむこころ
いにしえの人々の知恵と愛情は素晴らしいです。

お忙しい中作業をしてくださり
待つこと2か月。。
そして先日私のところに戻ってきました。
なんて美しい!!
修理の継ぎ目が金色に輝くなんて!
日本人の美意識に感動!
愛でる意識は美意識そのもの。

毎日茶碗は以前とはまた違った“景色”を見せてくれて
手に取って使うたびうっとり
食事の時間がより心地よい時間になっています。
知人に心から感謝感謝!!

じ、実は・・・
修理に出した1か月後くらいに
もう一杯の同じ種類の茶碗が
なぜかするりと手から落ちて、
今度は見事に真っ二つに割れてしまいました。。
そのショックたるや!
(これは老化現象か・・)
このような状態でも金継はできますかと
無理を承知で知人に尋ねたところ
いいですよ~、やってみます。って
これまた心よく引き受けてくださいました(T_T)
いくらでも待ちますのでよろしくお願いしまーす!

・・・私、茶碗割りすぎ。。
これは何のメッセージ?(^_^.)
 
 
黒い筆書きの線の右側に並行にある細い線が
金継の部分です。
 
 
 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.