こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [298]  [297]  [296]  [295
時代を巡る尾張(愛知県)の旅、
二日目は名鉄で犬山城へ。

天守が現存するお城は全国に12城。
そのうち国宝が5城、重要文化財が7城。
国宝は松本城、彦根城、姫路城、松江城、そしてここ犬山城です。
これで4城を制覇!松江城は出雲大社と抱き合わせで行きたいものですが、
知人が時を同じくして、なんと松江城に入っていて、お城ミラクル♪

幼い徳川義直に代わって尾張藩政を務めた
家老の成瀬氏が2代将軍徳川秀忠から拝領した城です。
元は1537年に織田信長の叔父の信康が築城したと伝えられています。
現存する天守はもっとも古いそうです。

天守は外周を一周できます。
なんと友は高所恐怖症!冷や汗ながら壁にもたれつつ一周!(^_^.)
あっぱれでござる~!
小高い山の上の城は高さ19m。。
自然の濠としての木曽川が真下に!落ちそうで怖い!
木曽川は悠々と流れ、岐阜の山々も遠くまで続き、
迫力満点のすごい眺めでした。
武士たちはこの眺めを見て勇士を鼓舞させていたことでしょう。

武具庫の周りは“武者走り”と言う周り廊下、
松本城同様、急で狭い階段。
ここを甲冑姿で駆け、階段を上がり下りしていたと思うと
いにしえ人の体力に脱帽です。
犬山駅から歩き、山を上がり、城に上っただけで
結構体力消耗しちゃいましたよ(^_^.)

城下町は保存地区で、古民家のカフェが素敵でした。
お醤油味のお団子が絶品!
おいしいものはいつの時代も人を幸せにします。
元呉服屋を拝観できたり、いにしえの暮らしを知ることができます。

犬山忍術というものがあるとのこと。
時間があったら手裏剣投げたかったです。。

犬山駅から出ているバスで20分。
江戸を後にして次は明治時代を巡ります。
 
明治村は明治時代の建築物を移築して造られた保存地区。
60以上の建築物のうち10以上が重要文化財です。
まさか。。の山の中!明治時代の市電やバスもありますが
せっかくの新緑のさわやかな日なので
山と池に囲まれた広いエリアを徒歩で散策しました。
 

これは三重県庁。ドラマ坂の上の雲でも撮影に使われました。
昔の建物は自然素材やデザインに味があって心が安らぎます。
現代の高層マンションの連立、無機質なビル街、
どこに行っても同じような町の風景は息が詰まります。
  
第四高等学校武術道場の見学は外せませんね(笑)
武道への熱き想いは今も昔も変わりません。
熱心に毎日ぞうきん掛けをされてきた床はピカピカです。
武道の精神、技を受け継いでいきたい所存です。

北里研究所の実験室の研究者の熱き想いや、
長崎の聖ヨハネ教会堂の熱き信仰心、
純粋な人の心、想いは昔も今もこれからも不変です。
 
明治の洋食屋、浪漫亭でオムライスをいただきました。
デザートの明治時代のアイスクリームは
あっさりしてさわやかな甘さと口どけ。
明治の味は私の口に合います~

帰りはバスで1時間で名古屋へ戻り、
その足で特急で3時間半、高山に着いたのは星の輝く夜でした。
時代を巡る旅。。予想外に歩いて巡る旅になっています(^_^.)
移動中は爆睡して体力補充(笑)
 
 
  
 
 
 
 
 
 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.