こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [298]  [297]  [296

岐阜県、高山市はお気に入りの街の一つ。
若いころは何度かバイクで訪れていますが
電車の旅は初めてです。。
夜に到着して夕食へ。
郷土料理の朴葉味噌(ほうばみそ)を堪能。
枯れた朴葉の上に味噌を載せて焼くのですが
塩分控えめで麹の甘みが特徴でおいしい♪
つい、やはり?白いご飯を注文してしまいました(笑)
山菜の種類も多く、取れたての山菜料理は絶品。

(具材と味噌を大きな朴葉に載せて焼きます。
これはキノコ。飛騨牛が人気のようです)

高山では駅の近くのビジネスホテルに宿泊。
数少ない駅前のコンビニは観光客で一杯で品薄。。(^_^.)
なぜか皆さん夜中にアイスクリームを食べていました。
飛騨牛乳製品が人気なのでしょうか?

翌日も晴れて気持ち良く、朝日を浴びながら旧市街を散策。
20年以上前に来た時と変わらない風景にホッとしました。
歴史と伝統が息づく街並みは
いつ来ても季節の植栽にあふれています。
夏に来たときは青い朝顔が迎えてくれましたが、
今の季節は藤が迎えてくれました。





軒下のツバメ達も迎えてくれました♪
先祖代々変わらずここに住んでいるのかな
 
変わっていたのは、飛騨牛の握り寿司の店ができていて
テイクアウトの窓口は大行列!
五平餅やみたらし団子の群を抜いています。
花より団子、団子より飛騨牛寿司の時代なんですね。。
ちなみに表通りは高山ラーメンの店が大行列です。
ご当地グルメは街の活性剤になっています。
私は歳のせいかあっさり派なので(笑)
ランチは囲炉裏のある古民家の蕎麦屋で、取れたての山菜蕎麦♪
 
飛騨高山藩は金森氏が代々藩主でしたが
1692年に突然出羽国に移封となり、
高山藩は天領となり江戸から代官、郡代が派遣され、
金森家の下屋敷であった高山陣屋で政務を執り行いました。

(高山陣屋は300年の歴史を語ります。
全国に唯一現存する徳川幕府郡代役所)

 なぜ幕府直轄領になったかは諸説ありますが、
飛騨高山の金、銀、銅、材木などの豊富な資源に
幕府が目を付けたという説が有力だそうです。
富山との交通の行き来の要所でもあり、
近隣の五箇山は鉄砲の火薬の原料の煙硝の製造地となれば
幕府は何としても手に入れたいですよね。。
水面下に隠された歴史を巡るのも一考です。
 
文机のある書院から広い庭園の眺めが美しい。

年貢米の蔵の外側通路。
全国でも最古、最大級の米蔵です。


明治時代の市役所。
中に入って見学できます。
古い町並みを行き来するたくさんの人の足並みが、
窓から見るとゆっくりに見えてきます。

高山の後は特急で1時間半、富山に向かい
富山城、薬問屋の古い街に行き、
帰りは初めての北陸新幹線に乗る予定が
まさかの!!(@_@;)強風のため全面運休!!
やむなく名古屋にまた戻り、東海道新幹線で東京へ。。

(名古屋行の特急ひだ。高山に来るときは夜でわかりませんでしたが
実は渓谷を走っていた!新緑の素晴らしい景色は天のギフト♪
旅のお供は飛騨牛乳のコーヒー牛乳)

自然が為すことには抗えないですよね。
これもなにか意味があるということで、
笑って流れに乗りましょう。
計画なんていつでも変更可能ということで。
お陰様で思い出深い旅になりました♪

友人が一言、
実は私、北陸に縁がなくて、
拒否られているのか無意識の抵抗か、
今までも飛行機が飛ばなかったり、旅行がキャンセルになったり
今回はリベンジでやっと行けると思ったのに。
富山に行けなかったのは、たぶん私のせい。。と。。

えっ。。(=_=)





















 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.