こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [300]  [298]  [297
初夏の陽気の日曜日、
明治学院大学で自然療法機構主催(NaO)のイベントがあり
NaOフェス東京・輝く地球の植物たちと題して
ドイツでヒルデガルド医術の研究、実践をしておられる
ペーター・ゲルマン先生の講演会などが催されました。

イベントの一環でボディートークのブースを出しましょうかと
仲間に声をかけていただいたのがきっかけで参加してきましたが、
東大病院医師の未来の医療を探求されている稲葉俊郎先生や、
環境運動家、文化人類学者の辻真一先生やアンニャ・ライトさんの
講演も、人間、植物、動物、地球の在り方を提案する
たいへん興味深いものでした。
 

ヒルデガルド・フォン・ビンゲンは中世ドイツの修道女で、
植物療法の祖と言われています。
女性で初の作曲家でも詩人でもあり
幻視体験もした神秘家でもあり多才な女性でもあります。
  
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%B3

私は植物療法の世界を紐解きたいけれど
体が反応しやすくて、カモミールは利尿作用が促進しすぎ、
ホーリーバジルは覚醒して一睡もできず。。
葛根湯では血圧が160以上になり動悸が激しくなったり
タイ料理で使うガランガルは一口噛んだだけで
感情が怒涛のごとく噴出して
レストランで号泣が止まらなくなったり。。

出先でいただいたミックスハーブティーを一口飲んでしまった折には
帰りの電車の中で眼の周りが蕁麻疹で腫れあがったり。。
紅茶でもなにが合わなかったのか血圧が急降下し冷や汗が吹き出し
気分が悪くなり店のテーブルに突っ伏し動けなくなったり。
これって西洋医学ではショック状態というんですよね。(^_^.)

過去を振り返り書き出したわけですが、あらま!結構あるある!?
風邪の時に飲んだ柴胡桂枝湯ではバッドトリップして発狂寸前。。
だったら摂るなよ、ですが。変に好奇心旺盛なこともあり(笑)
自分の体質に自覚がなかったのですね。
薬効が違う方向に働いてしまってましたが、植物のパワーはすごい!
この体の反応の良さを考えると(笑)
体に合った方法で使えば少量でも効能がより期待できるということで。
 
ヒルデガルドの名前は知っていましたが
講演でどのような機序で症状に効いていくか、
具体的なレシピをいくつか教えていただいたりしたところ、
他の植物療法は詳しくわかりませんが独自なものもあるようです。
ワインを使ったり、養命酒のような感じですね(笑)
ヒルデガルドが耳元で、植物たちの世界の扉を開いてごらんなさい
と、微笑んでささやいている気がしました。

同じ地球に生きる植物たち、
その力をどうぞ私達にも使わせてください。
エネルギー療法のボディートークやホメオパシー的には
すべては波動ですので様々な植物の波動を
自分の波動のバランスを取るために使うということになりますが、
波動というと手間はかかりませんが、味気ないですね(笑)

薬効だけでなく香りや色や味を楽しみながら自然にある薬として、
同じ命のある存在として感謝をこめながら、
昔ながらのやり方で手間暇かけながら、
体に取り入れることができるのはやはり植物ならではです。

地球に一緒に存在してくれていてありがとう。

植物たちに意識を向けた一日でした。









カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.