こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[318]  [317]  [316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [308
生きているといろんな世界に出会いますが、
今年は自分では扉を開けることはなかった
オペラの世界に出会い、魅了されています。
 
友達の友達がオペラ歌手の浅野和馬氏で
ご縁をいただきコンサートに足を運ばせていただいています。

最初は初夏に開催された阪神淡路震災と東日本大震災の
支援チャリティーコンサートに行かせていただいたのがきっかけでした。
浅野氏は仙台市の方で、もう御一方は阪神淡路震災に遭われた西垣氏。
被災した地元のためにとお二人の意思で開催されたコンサートでした
 
ご支援ということと、男性のテノールのデュオリサイタルということで
珍しさもあり。。友達のお誘いに一つ返事で足を運びました。

大きな会場ではなく、生の声が皆さんに届くようにと
小さなホールで開催されていました。

オペラの歌曲をいくつも披露され、
いろんな感情にあふれた楽曲に感動。
演劇の要素が強いので声の表情も、顔の表情も豊かで
お二人での歌の掛け合いもたいへん愉快でした。
お二人の被災地への想いも乗せた歌声で
お客さん全員が柔らかな一体感に溢れて居心地よく、
オペラがこんなに身近に感じれるなんて初体験でした。
歌の合間にオペラについてのお話もあり勉強にもなりました。
 
実は私は日常ではまったく音楽は聞かないのです。。
静寂か自然の音、街が奏でる音を聞くのが好きで、
音楽はよほど厳選しないと作曲者や演奏者の心に共鳴してしまって(^_^.)
日本語の歌詞だと、歌詞にどっぷり感情移入しすぎちゃいます。。
 
心が心地よくなる歌、晴れ晴れする歌は
何度でもしつこく聞いちゃいますが(笑)

オペラはイタリア語、ドイツ語、フランス語なので
何を歌っているかは全くわかりません(笑)
でも何を歌っているのかわかるような気がするのは
さすがの歌手の皆さんの表現力ですね。
日本語だと聞くときに左脳が働いちゃいますが、
右脳だけで聞くということは
ハートで聞いているということですね。

先日も50席位のレストランでコンサートがあり
足を運ばせていただきました。
浅野氏のテノールとメゾソプラノの但馬さんの生の声に
これまた魅了されました。
 
オペラの歌の音域が幅広いので
私の、皆さんのハートのいろんな周波数を共鳴させ増幅させます。
声の力は生命力そのもの。

ハートのそれぞれの振動は
何が何だかわからないけれど
右脳を、感覚を動かします。

結果、涙が自然に流れ出る。。
晴れ晴れとした涙が。




 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.