こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349]  [348]  [347]  [346]  [345]  [344
小雨が降る中、谷中で富士講による
富士塚の開山祭(おやまひらき)がおこなわれました。
民家の改修工事の際に奇しくも見つかった富士塚、
このたびご縁をいただき、貴重な行事に
参加させていただくことになりました。
 
富士山は古代よりご神体とされ庶民に広く信仰を集めていました。
でも遠くから参拝に行くことは難しかったため、
全国各地でお金を集め代表に祈願を託す講社(富士講)の仕組みが作られ
地域に富士塚も多く造られました。

富士塚は富士山とその神霊への信仰の拠り所。
この度見つかった富士塚のお社を被う苔は、いにしえの人々の祈りの思い。
富士塚は土を盛った物だけでなく富士山が噴火したときの溶岩だったり、
富士講の人たちが富士山から運んで来た
溶岩や石で造ったものもあるそうです。

行者であった角行が説いた信仰の系譜を汲む
宗教体系、組織も富士講と言い、
勧業経典を読み、お焚き上げを行います。
山梨からいらした白装束に身を包んだ富士講の皆さんは5名。
そのうちなんと4名の方が女性でした。
力強い読経と目の前で燃え上がる火で心身が一気に清められました。

現代は交通機関が発達し、
レジャーで富士山に行くようになり役割も減り、
弾圧を受けたりもし富士講は激減したそうです。
そのような中、本当に貴重な体験をさせていただき感謝感激です。

富士講の方が、よりよい自分に生まれ変わるとなると
容易でないと思われますが、【生まれ増す】ことはできます。
美しいものを見た時のような心が洗われるような体験をすることで、
私たちは生まれ増すことができます。
生まれ増すことが積み重なり、
生まれ変わることができるのですとお話くださいました。

昔は江戸から富士山が見えていました。
人々は凛とした朝の富士山、夕陽の茜色に染まる富士山、
毎日美しい光景を見るたび心が洗われて生まれ増していたことでしょう。
美しい富士山に手を合わせ、今日も生きていることを、
命があることを感謝したことでしょう。

今は毎日美しい富士山を見ることはできませんが、
美しい芸術品を見に美術館に行くことも度々は難しいですが、
回りの人の心に目を向けると、
心の在り方に美しさを見いだすことができます。

すれ違う時に傘を傾けあったり、
電車で席を譲りあったり、子供の笑い声に
周りの大人たちの顔がほころんだり
庭先にどうぞお持ちくださいと朝顔の苗が並んでいたり。
思いやりと優しさで織り成す美しい心の光景に心を洗い合う、
あなたも私もお互いに生まれ増す、そして生まれ変わっていく。

根津、谷中界隈から富士山が見える場所があるようで、
次に訪れる時はいにしえの人々のように美しい富士山を見たいものです。

せっかくなので帰りに根津駅近くのALPHAカフェで
名物の根津プリンをいただきました。
濃厚で美味しい♪

プリンを容器から出してお皿にひっくり返したかった私。
やっぱり〆は富士山でしょ(笑)






 

カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.