こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[359]  [358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353

紅葉の季節、急に思い立って
透明な秋の光の中、上野の森に出かけてきました。

自覚はないのですが、友人からは時間の使い方がうまいね、と言われます。
 今、と感じたら行動は早いかもですが、
体をおざなりにしてしまうのでいいのだかなんだかです。。(^_^.)

今回の目的はルーベンス展とフェルメール展。
次はいつ来れるかわからないので思い立った時に、
一度に両方の展示を見ちゃおうという盛りだくさんな企画。
 
まずは上野の森美術館のフェルメール展へ。
たぶん混むだろうと前売りチケットを購入。
時間制の入場になっていましたがやはり長蛇の列!
でも待つ間、秋のキラキラの木漏れ日が降り注ぎ
癒しの時間となりました。

フェルメール展は想像以上の混雑。
入り口で無料の音声ガイドが渡されます(女優の石原さとみさんの声)
すべての展示画の説明が記載されたハンドブックもいただけます。
入館料が前売りでも2500円もするのは
これらのサービス料も込みということですね。。
お陰様で絵だけをじっくり鑑賞でき
混雑の割には導線がスムーズに感じました。

フェルメールは17世紀のオランダを代表する画家。
始めは物語画でしたが人々の日常を題材とする風俗画を描き始めました。
今回は35点の作品中9点が公開されています。
細かく吟味された構図、繊細な光を表現した絵は、
日常の何気ない動作の動きの一瞬をとらえて、
その瞬間の静止の中に永遠の時間を包み込んでいます。
 
今にも人物が次の動作を始めるような、
ミルクを注ぐ音が聞こえてきそうな、
その間の静かな静かな一瞬の時間。

暗幕に覆われたフェルメール・ルームは静謐な空気の異世界。
フェルメール・ブルーと呼ばれる青が心に染み入ります。

人が多いとやはり疲れますね(^_^.)
しばしカフェでひと休み。
傾き始めた秋の夕陽が公園に光と影を生んでいます。

続いては国立西洋美術館のルーベンス展へ
ルーベンスはバロックと呼ばれる壮麗華美な美術様式が栄えた
17 世紀ヨーロッパを代表するフランドル(現在のベルギー)の画家です。
彼は大工房を構え、王の画家にして画家の王、と言われるように
宮廷や教会に依頼され多くの作品を残しており
同時代以降の画家達に大きな影響を与えた人物です。
 
今回はイタリアの影響に焦点を当てた
近年では最大級の規模の展示会です。
こちらは空いていてベンチに腰掛けてゆっくり鑑賞もできました。
フェルメールと同時に見る人は少ないですよね。。

アントワープ大聖堂のビデオも公開されており、
フランダースの犬、のネロも見た三連祭壇画も見れます。

キリストの死の題材も多く、すべての絵が圧巻で息が止まります。
今、目の前で繰り広げられているような臨場感。
会場が地下ということもあり密室の異世界に入り込んだよう。
誰もいなくなった夜中に、描かれた者たちがうごめいているに違いない!

鑑賞を終えて外に出るとまだ5時なのに真っ暗な三日月の夜の空。
まだ異世界にいるような感覚で上野の森を後にしました。

2つ掛け持ちの絵画鑑賞は2つの世界への旅。
さすがに体の疲れも感じましたが、
絵から溢れ出る作者や描かれた人物のいろんな思いが
潜在意識に溶け込みすぎてしまって頭がクラクラ。

その夜は夢見が悪く、ルーベンスとフェルメールがごった煮状態。
翌朝の目覚めも悪いのなんの。。(@_@;)

時間の消化は上手いかもですが、体力消化と、
意識の経験の消化力も考慮しないと、ですね。。

☆フェルメール展は2019年2月3日まで
 ルーベンス展は1月20日まで

1月20日までなら2つの世界を同時に旅できますよ~(笑)



















カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.