こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[367]  [366]  [365]  [364]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357

立春が過ぎ春の陽気になったかと思ったら
また厳しい寒さがやってきましたね。

2月の寒い季節に
華やぎを加えてくれるのがバレンタインデー。
お店にはハート型のチョコが並び
街にもハート♡マークが溢れます。

神楽坂の毘沙門天の朱色の門前にも
去年に引き続き登場した大きなハート♡
≪神楽坂竹あかり≫は今年も開催中です。

伝統の竹細工を施した芸術作品は
道行く人の足を止めて魅了します。

♡のマークは心臓の形で心臓のシンボルです。
私の心臓、想い、愛が体から離れて伝わるという表現として
西洋では14、15世紀から絵画に登場するようですが、
日本に入ってきたのは明治頃と言われています。

♡の文様自体は古墳時代から見られ、
日本ではイノシシの目の意味の猪目と呼ばれ
(逆三角形の目にカーブを付けて♡に)
猪に睨んでもらうことで魔除けになるということで
建築などに護符として使われています。
 
神楽坂の路地でも
猪目、ハートのオブジェに出会えます。
散歩しながら探すのも楽しいハートのシーズン♪

シンボルの意匠、形は
意味とともに集合意識に刻印されると
そのシンボルを見るだけで
自動的にシンボルの波動共鳴が起こります。

♡を見るだけで心臓が共鳴し
愛や優しさや思いやり、などの波動に共鳴します。
世界が♡の波動を通して感じられ、♡に包まれていきます。

夜は優しい明かりが灯ります。
より温かさが広がり
心も体も温めてくれます。
  
街燈の横にも同じく竹細工が施された竹篭が下がります。
伝統の匠の技と神楽坂は最高の相性のカップル♡

ボディートークセッションを受けてくださったクライアントさんが、
よくこのようなご報告をしてくださいます。

家族がとても優しくなって涙が出ました。
そのことを伝えたら、え?!いつもやってあげてたでしょ~
って言われてハッとしました。

周りが変わったのではなくて
私の世界の見え方、感じ方が変わったのですね、
みんなの優しさを余計なフィルターを通さず
感じれるようになりました、と。

優しさ、思いやり、愛はいつもそこに在る。
愛はどこにでも、そこに在る。
でもそれを感じるのは頭ではなくて♡、
♡を開くだけで、♡同士が、
♡の波動が共鳴するように私たちはできています。
 
竹篭の下の石畳には♡の形の光ができています。
ほろ酔いで帰宅を急ぐ人波は気づかず踏んでいきます。
でも誰か一人が、あ!ハートがあるよって
気づいて声を上げると、途端にみんなも
わあ♪ってハートを囲んで笑顔になる。

その場面に遭遇すると気づいてくれて嬉しくて
私も♡がほかほかします。
光の♡も、やった!お役目果たしたって(笑)
微笑んでいるように揺らいでいました。

寒い季節ですが、どうぞ皆様の体も♡も
温かくお過ごしくださいますよう。
 
(竹あかりは3月14日まで開催しています)















カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 17
18 19 20 21 22 24
25 26 27 28 29 30 31
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.