こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367]  [366]  [365]  [364]  [363
最初に参拝した鹿島神宮は
鹿島神宮駅から徒歩8分くらいです。
自動改札がない駅なので窓口精算となりますので、
出発駅からは切符を買うことをお勧めします。

この日は鹿島スタジアムでサッカーの試合があるようで、
成田から鹿島神宮駅までまさかのラッシュに遭遇!
下車した乗客全員が清算のため窓口に並びましたが、
私たちは急ぐ旅でもないので
待合室で人が捌けるのを待つこと1時間!(^_^;)
自販機で飲み物買っておしゃべりして、待合室をカフェ代り(笑)
気まま旅は想定外のことも楽しめます。

鹿島神宮の後、次の予定は香取神宮ですが、まずは佐原へ。
サッカーの試合が終わる時間前の上り電車はがらがらで、
これぞゆったり休日気分。

(情緒たっぷりの佐原駅)

千葉県香取市の佐原は北総の小江戸と呼ばれる水郷の街です。
伊能忠敬が商人として活躍していた町でもあり
中心を流れる小野川は利根川の水運の拠点でもありました。

川沿いに並ぶ江戸時代から明治時代の
古い町家や蔵造りの店舗は
重要伝統的建造物群保存地区となっていて
日暮れ時でも観光客でにぎわっていました。
 
急な思いつき旅行の難点は飲食店、宿の予約が難しいところ(笑)
これもすべて流れにお任せですが。
駅から少し離れたビジネスホテルに一部屋空きがあり
事前に予約ができて無事一泊できました。
夕食は古民家の店はやはり予約で満員御礼で入れずでしたが、
保存地区から離れた定食屋さんで楽しみました。
 
翌日も皐月晴れ!
小野川を巡る舟に乗って、街並みを見上げて楽しめます。
10人乗りくらいの遊覧舟に最後に乗ったので
最後尾席と思いきや、すぐに舟が向きを変えたので
なんと私が最前席になりテンションアップ(笑)
川面を吹き渡る風が想像以上に涼しく心地良くて
気づくと 子供のようにはしゃいでいました。
旅は童心に返らせてくれますね。

ランチは奇跡的に≪吉庭≫という人気のレストランが予約できました。
宇宙の計らいに感謝です。
150年前の古民家でいただくフレンチ♪
フロアの3方向がガラス張りで素敵な庭を見ながらいただけます。

旅先でゆったりくくつろいでの食事は
日常から心も体も解放してくれます。
庭の草木の新緑を愛でながらのランチは、
時間を忘れさせてくれました。

ランチを美味しくいただいた後は香取神宮へ。
香取神宮は香取駅からは遠いので
佐原から巡回バスもありますが
時間を節約しようとタクシーで向かいました。

香取神宮は千葉県と茨城県の県境にあり
霞ケ浦と利根川の下流の丘陵に鎮座しています。
御祀神は経津主大神(ふつぬしのおおかみ)
鹿島神宮の武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)と共に
天照大神の命を受け日本国を平定した神様です。
 
参道は新緑に覆われ神秘的。
緑のトンネルを抜けていきます。

大きな灯篭が並びます。
鹿のレリーフが特徴的、
鹿島神宮の鹿とつながっている。。

こちらの朱塗りの桜門は本殿と共に重要文化財。
国の平定神として武家政権からは鹿島神宮と共に
武神として祟敬され、現在は武術方面からの信仰も篤く
道場には両方の神様が祀られていたりします。

武神の兄弟の神様を参拝させていただき
より武道の本質に道を誤ることなく向かっていけますよう。
体は老いても本質への志は朽ちてしまわないよう。
今も稽古を続けさせていただいていることに
感謝を込めて神様に手を合わす。

香取神宮の本殿は黒塗りで威風堂々。
 凛として真っ直ぐ上に伸びるような強いエネルギーでした。
 
香取神宮も参拝者は長蛇の列でしたが
令和になって心も新たに祈る皆さんの姿も
凛として清々しく感じられました。

帰りに香取神宮の参道で名物の草団子を
たっぷりのカフェオレと共にいただきました。
レトロなカフェでガラス越しに参道をゆく人々を見ながら
まったりと神様のエネルギーを融合させていきました。

お団子の数やあんこかきな粉かの種類も選べて
なんとフレキシブルなメニュー♪
さてさて帰りは何時に何を使って帰りましょうか。
鳥居の側から東京駅までの長距離バスもあるし、
佐原駅までの巡回バスかタクシーか。。

気の向いた時間にお店を出たら、
時間が間に合ったので長距離バスの停留所の列に並んでみた。
到着したバスはもしかして満席?
運転手さんが降りてきて列の人数を数え、
最後尾の私達二人に、すみませんお二人だけ席がなくて
乗れないのですが、と。。

残念、という想いはなく、
ちょうど二人分席がなかったということは
天の思し召しはバスじゃないってことがわかりやすくて
二人で顔を見合わせて大笑い!
と、その瞬間目の前にタクシーが止まりました。
はい、これで香取駅に行って電車で帰りなさいということですね(笑)

感覚に任せ、宇宙の計らいにお任せの旅は
宇宙と繋がり一緒に創造するゲームのよう。
次はどんなカードを引いて、
そのカードに何が書いてあるのかわくわくドキドキ♪

どんなカードを引いても、引くことになっていても
フレキシブルに応じて、それを何倍楽しめるかがゲームの醍醐味。
受け取る意識の、解釈の可能性は無限大、
そしてそれを楽しむことも無限大♪
 
令和の時代の毎日もこのように
楽しんでいこうと思います(#^.^#)


















カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.