こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369
夏の終わりに秩父の三峯神社に行きたくなり
いつもは電車とバスを乗り継いで行くところ、
今回は友人が車を出してくれることになり
秩父路のドライブも楽しむ旅になりました。

秩父のカフェも楽しもうとまず向かったのは
秩父巡礼札所28番 石龍橋立堂境内にある
JURIN`S GEO(ジュリンズジオ)
(https://jurinsgeo.jimdo.com/about-1/)
古民家を生かした素敵な設えです。
 
パンケーキをランチにとお腹を空かせて行ったのに
夏のシーズンはかき氷、アイスがメインになり
パンケーキはお休み中と。。(;^^)

では隣の蕎麦屋で腹ごしらえをしてからまた来ますねと
一旦お店を出て蕎麦屋へ。
しかし。。なんというハプニング!
ガスが急に出なくなり蕎麦を作れないと。。(;^^)
仕方なく『絶品』というカレーパンと
コンニャクの田楽をいただくことに。
お店の人が申し訳ございませんとお漬物も出してくださいました。



予想以上にカレーパンがおいしくて
せっかくだから蕎麦より名物を食べたほうがいいかも
という潜在意識の導きですね。(笑)

コンニャクでお腹もいっぱいになったところで
カフェに戻り、美味しいコーヒーと
限定20個に間に合い、名物とろとろプリンもいただけました。
パンケーキをいただいたとしたらプリンは食べなかったでしょうから、
せっかくだから(笑)名物をいただきなさいということですね。



お店の雰囲気が素敵でゆっくりくつろげます。
トレイの一輪の花にも癒されます。
このお店はコーヒーを味わっていただきたいので、と
ミルクは付きませんがブラックコーヒーが苦手の私でも
香りも苦みも味わって美味しくいただけました。

ここ巡礼札所28番、石龍橋立堂は
馬頭観音様が祀られていました。
だからカフェのロゴが馬なのですね!
切り立った岩山は大迫力、
せっかくなので(笑)すぐ横にある橋立鍾乳洞へ。

入口に立つとヒンヤリ涼しくて、
これは暑い日には嬉しいと思ったのはほんの3秒だけ。。
受付の方に、長いスカートやパンツはたくし上げてくださいねと
言われた意味が分かりました。

ここはアドベンチャーワールドか?!
狭くて腰をかがめて歩き、小さい穴をくぐり
垂直に立つ!ハシゴ階段を上がり降り
15分弱くらいで巡れる鍾乳洞ですが
息は上がるは、汗ダクになるは、パンツの裾も泥だらけに。。
でも子供のように冒険ができて楽しかったです♪

三峯神社までの山道は雨が降りだし、
夏とは思えない涼しい夕方に到着しました。
霧に包まれた神社はより神秘的な異世界。

神社には興雲閣という宿泊施設があり
神の湯という温泉もあります。
温泉で浄化でき、夕食にはお神酒をサービスでいただけます。
部屋も清浄な空気感で清らかな気持ちになります。
スタッフの皆さんもフレンドリーで寛げて
また来たいと思う居心地の良い場所です。

(ボリューミーな和食をいただけます)

早朝の三峯神社は濃霧に包まれより神秘的。
今までで一番パワーを強く感じ
深い気づきやたくさんの力をいただきました。

ご神木は手を当てて気をいただくのですが、
額も当てるとよりご神木や地球と一体化します。

せっかくだからと(笑)展望台にも足を運んだら
大自然が眼下に広がり、幸運にも雲海が見下ろせました。
この展望台は実は雲海鑑賞スポット!
雲の流れが速く、刻々と変わる壮大な光景は圧巻!
神様が自然を操っているように見えます。

チェックアウトの後は
小教院というレトロな雰囲気のカフェでまったり。
神様の懐に抱かれていると感じながらの癒しと充電の時間、
三峯の神様のエネルギーは居心地よく離れがたいねと
友達と帰路につくことを残念がっていましたら

ふと、窓のそばに止めてある車のナンバーを見ると
333というエンジェルナンバー!
この数字の高次元からのメッセージの意味は
神様、マスター、天使たちは
いつもあなたの傍にいますよということで
一台でもありがたいのですが、
なんと隣の車を見たらこれも333、
まさかねーとまた隣を見ると333、
またまたまさかねーと隣を見ると333(@_@)
333ナンバーの車が4台並んでいたという
スペシャルミラクルギフト!

日常に戻ってもいつも一緒にいますよという
三峯の神様からのメッセージということで(^-^)
せっかくミラクルな形で授けてくださったものですので
ありがたく受け取らせていただきます。

三峯神社を後にして、
秩父多摩甲斐国立公園の道を長瀞へ。
夏の終わり、雨あがりの
美しい緑の道は心が洗われます。

長瀞は川下りやラフティングのお客さんで大賑わい。
秩父は天然かき氷も名物で、夏は大人気です。
静かな雰囲気に惹かれ入った店は
創業明治35年の老舗宿の食事処「秩父館丹一」

和モダンな設えのテラスでのランチは
ヤマメの唐揚げと蕎麦をいただきました。

店の名物は鮎料理でしたので
せっかくだから、という理由でしたら鮎を選ぶところ
最後はなぜか外して、ヤマメ(笑)



 
































≪   青森を愛でる     HOME    夏の実り   ≫
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.