こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371
病気や症状の原因の9割はストレスといわれています。
ストレスを感じると交感神経が高まり
ストレスホルモンが出ることで
心身に悪影響を及ぼし症状が現れます。

ボディートーク療法はすべては意識であるという概念です。
同じストレスを受けてもストレス反応を起こす度合いは
人によって違っています。

それはストレスと感じる意識がそれぞれ違うからです。
ストレスに反応する凝り固まった意識があると
反応を起こす種となるという考え方です。
ストレスも自分の意識が創っているということです。

ボディートーク療法では、お体に聞きながら
ストレスを創る意識を探し
タップすることで解放していきます。

私たちはストレスに反応する意識の種があると
環境に対するストレス反応を起こしますが、
実は外側からの刺激だけがストレスを生むだけでなく
内面で自分が自分にストレスを与えていたりします。

左脳は考えること、思考を司っていますが
時間の概念も司っています。
明日、ちゃんと電車が動くだろうか。。
月末に家賃が払えるだろうか。。
私が死んだらどうなるかしら。。
思考はまだ起きていない、未来へ未来へと
さまよい出ていき、不安や心配を創っていきます。

昨日、あんなことをしなければよかった。。
3年前に彼と別れたから私は不幸なままだ。。
そもそも生まれてこなかったらよかったのに。。
思考は過ぎ去った過去へ、過去へも
さまよい出て後悔や自責の念を創っていきます。
これらがストレスとなって
心身に悪影響を及ぼしていきます。

思考は今、という時間からふわふわと
さまよいでてしまいます。
ワンダリング(さまよえる)マインド(思考)は
時間からさまよい出るだけでなく
今という空間からもさまよい出てしまいます。

皆と楽しく食事しているのに
明日の会議心配だわ、子供は今どうしているかしら等
心ここに在らず、この場から別な空間へさまよい出たり。。
このようなワンダリングは無意識に起きてきます。
無意識的自動思考ともいわれます。

さまよい出た思考、意識は
海に漂い出て迷子になったように
今自分はどこにいるのかわからなくなり
港に帰る方向もわからなくなりとても不安定になります。
マインドワンダリングは自分自身で
内面的ストレスを創り心身に影響を与え続けてしまいます。

でも体は、今、ここにしか存在できません。
今、ここにしか存在していない私。
今、この瞬間がすべて!

体にちゃんとマインドが宿り
心と体を一致させて自分を統合することで
今に存在できると
本来の自分に戻り、生き生きと
心豊かにこの瞬間瞬間を生きれるようになることでしょう。

さまよい出る思考パターンを変えて今に在れますよう
いろいろな瞑想法やメソッドがあります。
ボディートーク療法でも意識レベルのバランスで
今に居れるようお手伝いをさせていただいていますが

あ、未来に思考がさまよい出ていた、
過去に戻っていた、違う空間にさまよい出ていた。。
と、ご自身で気づくことで
今、目の前のことに集中しなおし
考えるべき時に意識的に思考できます。

日々、自分の思考を観察する視点を持つ
気づきを習慣にしていけたらいいですね(^-^)










カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.