こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[379]  [378]  [377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372
街路樹が色づき始め
秋が日ごとに深まっていきますね。
葉を落とすごとに、木の枝や幹がその姿をあらわにしていく。
木々が本当の姿、本質をあらわにしていく季節も好きです。
昨今はSNSの時代で
いろんな形で情報が入ってきます。
誰でもが気軽に発信できる時代は素晴らしいことですが
情報が氾濫する時代だからこそ
受信側の意識が大事になってきます。
たくさんの情報に翻弄されてしまうと
情報に一喜一憂したり、それを基準に自分をジャッジしたり
情報を受け取るたびにストレスになってしまいがちです。

このような時代だからこそ
より自分の軸を、中心の軸をしっかり作り、
そこに常に自分が在るようにしたいものですね。
これをセンタリングといいます。

自分の中心に意識の中心の座があり
自分がいつもそこにいる、
それは本質ともつながる中心の意識の座でもあります。
自分がセンタリングしているときは
心と体、精神(スピリット)が一体化して
調和している状態といわれます。
目の前のやるべきことに集中できる。
周りの環境に影響されず自分を保てる。
自分の意見を持ち人の意見に揺さぶられない、
自分の考えを左右されない。
(自分の意見、考えにもこだわりすぎず)
いつも本質的なことにフォ-カスできる。
反対にセンタリングしていない時は
いつも人の意見に左右される、
自分で決めれず優柔不断になる
物事の優先順位がつけれない、計画できない
考え方や行動に一貫性がない
集中力がない、等の状態になるといわれます。

つまり、自分の中心軸がないと
周りの軸にその都度自分を合わせてしまい
自分の内側でなく外側のものに自分を合わせることになり
自分を見失ってしまうということになってしまいます。
 
自分が何が食べたいのかわからない、
何が好きなのか、何がしたいのかわからない。
人の考えや感覚を優先してきて
気付いたら自分の考えがわからない、
人が美味しいといえば美味しい、
本当に自分が美味しいと感じているのかわからない、
そもそも自分の感覚がわからない。
何を選択してよいのかわからない。

このような自分がいないような
センタリングができていない状態は
心理的にはいつも不安を感じ不安定になりかねません。
常に内面的なストレスを生んでしまいます。

ボディートーク療法では治癒力を高め
センタリングがよりできますよう
意識、感情、肉体にアプローチして
お手伝いをさせていただいていますが、
日ごろからセンタリングを意識していただくと
自分がセンタリングできているか、
できていないか 感覚で分かるようになります。

センタリングできていないと気づくだけで
自分の中心に戻ろうとする意識が働きます。

木々が風に枝葉を揺らしても
幹はしっかり立ってい
るように
周りの影響を受けずいつも自分らしくいられて
自分の感覚を感じている安心感、
自分がちゃんと存在していると感じる安定感は

自己肯定感を高めるだけでなく
本来の内なる力を発揮していける
基盤となっていくことでしょう。
















カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.