こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
今年は“火”の力に意識が向きまして、
火による煩悩の浄化、情念の浄化を促し、
火なる力を高めたく御護摩修行(祈祷)の場に
身を置きたくなりました。

真言密教の大本山は成田山新勝寺ですが、
以前一度参拝したものの、遠くて縁遠くなってしまいました。
このたび向かった先は成田山新勝寺の東京別院、深川不動堂。
江戸の中心部でもあった門前仲町は足を運びやすい場所です。
冷たい雨風の中、辺りもすぐに暗くなり
火の熱さが恋しくもある日となりました。
   
参拝し申し込みの後、本堂の中へ。
最前列は畳の上に座りますが、見上げる形になります。。
護摩焚きや全体が見渡せるので椅子の最前列の中央の場所にしました。
なんと!足が冷えないようホットカーペットが敷いてありました!

祈祷希望者の名前をまず延々と読み上げ、
(お正月明けなので大人数でしたが、普段は少人数だそうです)
ほら貝とともに僧侶たちが入場、
厳粛な雰囲気の中、粛々と儀式が続き空気も心も凛とします。

声明が大きくなり、お堂中に倍音が響き、
大太鼓、ほら貝の音に共鳴し、
体中の細胞が振動!
燃え盛る御護摩の紅の炎が目に大きく映り込み、
視覚、聴覚、体からの膨大な情報量に脳がメルトダウン。

あっという間に変性意識へ。。
後は強烈な波動のうねりに身をゆだねるままに。

私たちは日々持続的にいろんなことに執着し、
思いを煩わせてしまいます。
思いの世界に迷い込み、“今”ここに居れなくなってしまいます。

ボディートークなどのセラピーを活用して
執着を手放して、今に在れるように意識のバランスを取るのも、
瞑想や、芸術に集中したりする方法も有効ですが、
このような護摩修行の場に身を置くことで
強制的に(笑)何かを微塵でも思うことすらも
脳ができなくなる状況を体験されるのも一考です。

何も思考しない、思い煩わない、
そのような感覚、状態とはこのような状態なんだと、
体感できると、今私はそうではない思い煩う状態だと気づき、
そこから一歩引いて自分を内観できます。

日々の中で、一瞬でもこのような
曇りのない意識の状態に在れますよう。
そしてその状態が常で在れたらいいですね。

 今年は深川不動様に何度か足を運んでみようと思います。
http://fukagawafudou.gr.jp/about/index.html
  
終了後は地下の部屋で護摩祈祷をしていただいたお札をいただきます。
3000円のものですが、名前入りの立派なお札です。

本堂の2階には水晶の小さなお堂の中に
仏像が入ったものが積み上げられて並ぶ
まさに水晶の回廊!があります。
すさまじいパワーに頭蓋骨が破裂しそうでした(T_T)

浄化とパワーアップの後の
グラウンディングにはやはり熱燗が一番でした♪(笑)

(写真はヤフー画像より)







新年明けましておめでとうございます。

昨年は皆様にはたいへんお世話になり、どうもありがとうございました。

皆様にとってより調和と喜びに満ちた一年になりますよう、心よりご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

今年も皆様の治癒力(バランス力)を高めるお手伝いを非力ながらさせていただけますよう、ますますスキルアップ、精進したいと思います。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

新年は7日からの営業とさせていただきます。ご不便をおかけし申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 
新しい年の始まりに富士山の
凛とした清々しいエネルギーをいただいてきました。
皆様におかれましても今年も日々、
清々しく晴れ晴れとした気持ちでお過ごしになられますよう(#^.^#)
先日、未来医療研究会がシリーズで主催されている
“医心方”勉強会に参加してきました。

医心方とは日本最古の医学書と言われ、現在は国宝になっています。
9世紀までに渡来した中国の文献200巻余りの中から
丹波介丹波宿祢康頼という宮中医師の鍼博士が30巻に選びまとめて
天皇に984年に献上。以後門外不出の秘本に。

その後1554年に天皇が半井家に下賜、
その後江戸幕府が修復補填し1860年に刊行されました。

平安期に書かれた最初のこの30巻の巻物を
現代語に訳された方が槇佐知子さんで、
槙先生の直々の講義ということで足を運ばせていただきました。
80歳過ぎておられるとは思えない若々しさと
穏やかなお人柄で、和やかな時間が流れました。

文字の解読に加え、歴史や民俗学など
多くの研究を要されたとのこと、
ライフワークとして人生をこのお仕事にささげ、
完成に至る道のりは並大抵のものではなかったはずです。

市井の学者に対しては助成金もさほどなかったとのことで、
着物を売っては資料本を購入されていたとか。
誰に評価されるでもなく、世間の注目を浴びるわけでもなく
収入につながるわけでもない作業。

ただただ、古代の知恵を残したいという
使命感に燃えて、自分にしかできない役割とご自分を奮起させて、
その一心でどんな困難も乗り越えれたと。
にっこり微笑まれておっしゃるお姿は、
柔和な中に凛とした中心があってとても素敵でした。
そのような生き方は私たちに多くのことを感じさせてくださいます。

古代から、いつの時代の人も
健やかな心を持って生きていたいと、
そのために健やかな体でありたいと願っていたのは
現代の私たちと同じです。

古代は平均寿命も短く、
いつどんな形で死が訪れるか
明日生きているかわからないという人生は
現代の私たちの人生観では計り知れないものがあります。

そのための知恵を、健康への想いを後世に伝えることは
人間が持つ生への想い、願い、祈りを伝えることかもしれません。
その時代に生きた人の生への祈りの想いを受け継ぎ、
私たちの時代でまた増幅し
未来の人たちに想いと祈りを継いでいく。

私もボディートークやカウンセリングを通して
皆様の心身の健康のためのお手伝いをさせていただきながら
微力ながらその想いを深め、祈りを増幅する一端であれたらと、
いにしえに思いを馳せた一日でした。

仙人道という巻もあり、呪術的な内容も。
美人になる処方や、好きな人と両想いになる処方などもあり、
いつの世も人の心は普遍ですね。

(医心方についての詳細)
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%BB%E5%BF%83%E6%96%B9
12月25日(日) 11:30~20:00
        26日(月) 11:00~18:00

 2018年
1月15日(日) 11:30~20:00
      16日(月) 11:00~18:00

場所:胡桃家 
http://www.shibukawa-navi.com/detail/index_111.html
   
住所:渋川市北橘町真壁1458-1
お問い合わせ・ご予約:090 4757 4400

【セッションメニュー】
 
☆ボディートーク  
・60分 8000円(問診、セッション、セッション内容のご説明)
・90分 12000円(上記+カウンセリング付き)


☆アストロロジー 
 ・フルセッション  90分  18000円 (ワンドリンク付) 
 ・2回目以降フォーカスリーディング  60分 8000円
             (カウンセリング付き 80分 10000円)

・ボディートークお試しコース  30分 2000円
             
  内容:ボディートークの概要説明&体験セッション 20分、
     ボディートークアクセス体験&大脳皮質テクニック紹介 10分
   
 ※ボディートークに興味がある方、詳しく知りたい方、
 体験されてみたい方など、お気軽にご利用ください。
  ご予約のセッションの空き時間に承りますので
  お問い合わせは2日前以降にお願いいたします。

※お試しコース以外は交通費1000円をプラスさせていただきます

【ぐんま訪問記】
今年は寒さの訪れが早いですね。
ぐんまは紅葉が真っ盛りで山々が彩られていました。
毎月うかがわせていただく度
季節も楽しませていただき、
食事も楽しませていただき
ご縁に心から感謝いたします。


ボディートーク、アストロジーのセッションは
ご自身の体や心の状態、環境になにかアンバランスを感じられ、
それが何なのかを紐解き、より全体の調和に向かわせたいと
そのように思われるときのお手伝いとしてご活用いただいています。

ご自身の状態を感じ、内観され、客観視されることは
治癒(バランス)への第一歩ですね。

色付いていく景色を見ていると
目に映る光景は、その奥に自分の内面も映し出してくれている気がします。
クライアントさんも私自身を映し出してくださいます。
いつも学びをいただきありがたい限りです。
足を運んでくださいました皆様に心から感謝申し上げます。




神楽坂の街路樹も色づき始めて
秋の深まりを感じます。

昨年の秋は柿がマイブームでしたが
今年はなぜか体が林檎を求めていて
気づいたらほぼ毎日食べています。
シャリシャリの食感と優しい甘さ、酸味に病みつきです。
 
林檎と言えば青森ですね。
神楽坂に北のプレミアムフード館が春にオープンしていましたが
この秋に青森林檎フェアを開催していて
ランチタイムに3階のカフェに足を運びました。
 
‘青森県りんご対策協議会’
なるものがあるのですね!
渡辺直美さんのキャラが神々しく輝くポスターの吸引力はすごい!
林檎の丸わかり小冊子の表紙にも登場し
‘青森りんごでべっぴん倍増計画’
につい便乗したくなります。
 
知らなかったですが
青森県では約40種類もの林檎が出荷されているとか、
今日はフジとジョナゴールドを試食でいただけました。
リンゴジューズやシードル、
林檎を使った料理がメニューに並んでいます。
今日は野菜たっぷりカレーをいただきましたが
林檎のコンポートがカレーに合っておいしかったです。
  
(ランチのデザートがソフトクリームだったので
冷たい物を控えていますのでデザートは結構ですと伝えたら、
別注文のコーヒーをセットに差し替えてくださいました!
お心遣いいただきどうもありがとうございました)

1日1個の林檎は医者を遠ざけるという
西洋のことわざがあるように、
美味しいだけでなく食物繊維やカリウムが多く、
高血圧、動脈硬化、糖尿病予防、
便意解消、健胃、貧血予防などにも効果があるそうです。
小冊子から効能の知識を入れてから食べると
より効果が高まるように感じます(笑)
 
季節の食べ物は地球の贈り物。
私たちに味わいの心豊かさと
美容と健康もプレゼントしてくれます。
地球に、季節に、青森の皆様に感謝をこめて
今日もおいしくいただきまーす♪

北のプレミアムフード館の情報はこちらからどうぞ
https://www.kita-pre.jp/





カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.