こころとからだのナビゲーター〜 BodyTalk、心理カウンセリング、占星術〜                                              みやびの道・・人生という道をゆく・・・
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
時代を巡る尾張(愛知県)の旅、
二日目は名鉄で犬山城へ。

天守が現存するお城は全国に12城。
そのうち国宝が5城、重要文化財が7城。
国宝は松本城、彦根城、姫路城、松江城、そしてここ犬山城です。
これで4城を制覇!松江城は出雲大社と抱き合わせで行きたいものですが、
知人が時を同じくして、なんと松江城に入っていて、お城ミラクル♪

幼い徳川義直に代わって尾張藩政を務めた
家老の成瀬氏が2代将軍徳川秀忠から拝領した城です。
元は1537年に織田信長の叔父の信康が築城したと伝えられています。
現存する天守はもっとも古いそうです。

天守は外周を一周できます。
なんと友は高所恐怖症!冷や汗ながら壁にもたれつつ一周!(^_^.)
あっぱれでござる~!
小高い山の上の城は高さ19m。。
自然の濠としての木曽川が真下に!落ちそうで怖い!
木曽川は悠々と流れ、岐阜の山々も遠くまで続き、
迫力満点のすごい眺めでした。
武士たちはこの眺めを見て勇士を鼓舞させていたことでしょう。

武具庫の周りは“武者走り”と言う周り廊下、
松本城同様、急で狭い階段。
ここを甲冑姿で駆け、階段を上がり下りしていたと思うと
いにしえ人の体力に脱帽です。
犬山駅から歩き、山を上がり、城に上っただけで
結構体力消耗しちゃいましたよ(^_^.)

城下町は保存地区で、古民家のカフェが素敵でした。
お醤油味のお団子が絶品!
おいしいものはいつの時代も人を幸せにします。
元呉服屋を拝観できたり、いにしえの暮らしを知ることができます。

犬山忍術というものがあるとのこと。
時間があったら手裏剣投げたかったです。。

犬山駅から出ているバスで20分。
江戸を後にして次は明治時代を巡ります。
 
明治村は明治時代の建築物を移築して造られた保存地区。
60以上の建築物のうち10以上が重要文化財です。
まさか。。の山の中!明治時代の市電やバスもありますが
せっかくの新緑のさわやかな日なので
山と池に囲まれた広いエリアを徒歩で散策しました。
 

これは三重県庁。ドラマ坂の上の雲でも撮影に使われました。
昔の建物は自然素材やデザインに味があって心が安らぎます。
現代の高層マンションの連立、無機質なビル街、
どこに行っても同じような町の風景は息が詰まります。
  
第四高等学校武術道場の見学は外せませんね(笑)
武道への熱き想いは今も昔も変わりません。
熱心に毎日ぞうきん掛けをされてきた床はピカピカです。
武道の精神、技を受け継いでいきたい所存です。

北里研究所の実験室の研究者の熱き想いや、
長崎の聖ヨハネ教会堂の熱き信仰心、
純粋な人の心、想いは昔も今もこれからも不変です。
 
明治の洋食屋、浪漫亭でオムライスをいただきました。
デザートの明治時代のアイスクリームは
あっさりしてさわやかな甘さと口どけ。
明治の味は私の口に合います~

帰りはバスで1時間で名古屋へ戻り、
その足で特急で3時間半、高山に着いたのは星の輝く夜でした。
時代を巡る旅。。予想外に歩いて巡る旅になっています(^_^.)
移動中は爆睡して体力補充(笑)
 
 
  
 
 
 
 
 
 
初夏の陽気は午後も続きましたが
空には雲が出てきました。
熱田神宮から地下鉄で名古屋城へ。
とりあえず腹ごしらえで、
隣の体育館の名古屋グルメ満載!の食堂で
熱田神宮で食べ損ねたきしめんを堪能。
  
(曇っていてうまく映らなかったので、Yahoo画像より)
 
徳川家康は関ヶ原の戦いの後
1610年に名古屋城を築城。
 加藤清正、福島正則など20家の大名に土木工事を命じ
1612年に7層の勇壮な城がほぼ完成。
尾張初代藩主として家康の九男、義直が入城しました。
(城壁の石には藩の石の区別をするためのしるしがついているものがあります
:写真は右側の石に丸いしるし)
 
本丸のほとんどが空襲で焼失しましたが
1959年に天守の再建が完成。
本丸御殿は現在復元工事中です。

新陰流の流祖、上泉伊勢守は
印可状を柳生石舟斎に渡しました。
江戸の徳川家康は将軍家兵法指南役として長男の柳生宗矩を迎え、
尾張藩の義直は宗矩の甥の兵庫助利厳を兵法師範として招きました。
義直は新陰流の相伝を受け、第3世となっています。
現在受け継いでいる新陰流はこの尾張柳生の方です。
新陰流を探求する一介の者の私には
ますます名古屋城とのご縁は意味深く感じます。

(徳川義直氏)
 
徳川家伝来の有名刀工の日本刀が特別展示されていて歓喜!
やはり徳川家、拵の格が違いますね。。

清州から丸ごと街並みを引っ越したと言われる名古屋の街並みを
当時の人々は天守からどんな思いで見下ろしていたのでしょうか。
 
兵どもが夢の跡。。
石垣の上にはいにしえと同じ野の花々が
初夏の風に揺れていました。

・・追記・・
名古屋城の元祖!おもてなし武将隊。
残念ながら出演時間に間に合わず、
加藤清正と前田慶次しか会えませんでしたが、
お二人ともカッコ良すぎです~ヽ(^o^)丿
 
(Yahoo画像より)

名古屋城の後は徳川美術館へ。
家康の遺愛品を中心に尾張徳川家400年の歴史を伝える美術館。
もちろん日本刀も展示されています♪
収集品はさすがに格式の高いものばかりで、
徳川家の権力と粋を感じられます。
ショップも葵の御紋を中心に武士にちなんだ品があり楽しめます♪

庭園の徳川園の塀。どこまで続く。。

庭園は広くて風が涼やかに吹き渡ります。

熱田神宮も名古屋城も、徳川園も広くて、
気づけば二人で一日中しゃべって歩いてました!
よく歩き、よく笑い、よく食べて
新緑のエネルギーもたくさんいただき
心は晴れやか、癒されました。

夜は栄の居酒屋へ。
名古屋グルメを網羅するにはやはり地元の居酒屋に限りますね。
手羽先、味噌カツ、ひつまぶし~。全部うまし!!(^。^)y-.。o○
名古屋の男性も女性も皆さん素敵で、ハートフルです。
  
一か月前でもホテル予約は満室が多く大変でした。
ホテル側も連休対応の苦肉の策?
セミダブルのシングルルームをシングル料金で
二名で泊まれるというプランに乗ってみました。
3500円でしたが寝返りなし(笑)








 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
新緑が輝く風薫る季節、
今年は何年ぶりかで連休を楽しみました。
出張や稽古以外で遠出するのは久し振り、
 
旅の友は新陰流みやび会の仲間。
目的はやはり剣と武士にちなんだ場所に(笑)。
気になりつつもなかなか行けなかった
名古屋に向かうことになりました。
 
まずは草薙の剣が御神体の熱田神宮へ。
日本人として生まれたからには
三種の神器は拝んでおきたいと思いつつ
今までなかなか足を運べなかった念願の神社です。
 

休日もあいまってたくさんの人出!
参拝も行列で順番にお参り。
本宮は伊勢神宮と同様の神明造り。
日本武尊が御東征の後、ミヤスヒメノミコトの
手許に神剣を残されたまま亡くなられました。
ミヤスヒメノミコトは113年にこの地に神剣を祀られました。
熱田大神は草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)を
御霊代とされる天照大神です。
 
(昔と変わらない神事も見ることができました。
音楽、踊りは今も継承されています)

伊勢神宮は頭頂チャクラが共鳴しスコーンと抜けるような
凛とした純粋波動という感じのエネルギーでしたが
熱田神宮はハートチャクラが共鳴しました。
 優しく暖かな穏やかな愛に満ち満ちた波動を感じました。
熊本地震で被災された方々への
参拝の皆様の祈りの心も満ちているようでした。
 この日の天気のような穏やかな平安な気持ちに満ちました。
 
熱田神宮の神鶏は軍鶏!
全身が黄金色に輝いて美しい~
 
弘法大師がお手植えされたと伝わる大楠。
今日までの年月の長さを感じます。

本宮の裏手のこころの小径という名前の小道。
木漏れ日が円になっていたり
不思議なエネルギーの森の空間。
土用殿と言われる小さな古墳のようなところは
エネルギーが格段に強くびっくり!
(ちょうど本宮の真裏)
明治26年の本殿改修まではここに草薙神剣が奉安されていたそうです。
この磁場になにかあるから奉安されたのか、
奉安されたから磁場が強いのか。。両方ということで(笑)
いにしえの奉安に至る過程やミヤスヒメノミコトの想いに
しばし思いを馳せます。
 
日本三大土塀の一つ<信長塀>
桶狭間出陣の際に願文を奏し、大勝したお礼に奉納された土塀。
触れるとその時代の息遣いを感じます。
信長を始め戦国武将たちは戦のない平和な世の中を築くために戦ったと。。
戦いは何のためにあるのか?
命をかけること、命を奪うことの先に
何を見たのでしょうか。

日本武尊が東に遠征された時に佩刀した草薙の剣は
その名の通り草を薙ぐためのもので
刃を交えるためのものではなかったと。。

いにしえの人々は私たちに常に何かを問いかけています。
草薙神剣は無言でただそこに在り続けます。
今までも、そしてこれからも。。
 
境内にある茶屋の、ぞの名も<宮きしめん>
食べたかったけれど長蛇の列!(>_<)
泣く泣くお腹を空かせたまま名古屋城に向かいました。。


 
 
  
  
  
  
  
  
   

4月22日はアースデーでした。
≪アースデーとは≫
1970年アメリカのG・ネルソン上院議員が、4月22日を”地球の日”にしようと宣言しアースデイが誕生しました。アースデイという日に地球の環境問題に人々に関心をもってもらおうと、全米学生自治会長をしていたデニス・ヘイズ氏が全米に呼びかけ初回のアースデイは、延べ2000万人以上の人びとが環境、地球に対しての様々なアクションを起こすイベントとなりました。

≪やってみた日、それがあなたのアースデー≫
環境問題は、人と生物、地球、人と人のコミュニケーション問題ともいえます。そして私たちはだれも、この地球と100%関わり、家族や友人との間柄にも似た不可分の関係を持っています。だからアースデイは、私たち一人ひとりのものなのです。
アースデイには、代表も規則もありません。民族・国籍・信条・政党・宗派をこえて、だれもが自由にその人の方法で、地球環境を守る意思表示をする国際連 帯行動です。すべての人が、同じ輪の上で自由に起こせる、世界初でおそらく唯一のアクションがアースデイです。あなたもぜひ、自分と地球とそこに住むたく さんの生命との対話、アースデイ・アクションを起こしてください。そして、その活動を互いに知らせあい、大きな輪をつくりましょう。
(Earth day東京のHPより)


永田町の議員会館でも
地球を語ろう、地球を感じよう、というテーマで
アースデーのイベントが開催され、
ボディートーク療法のブースも出させていただきました。
(湯田CBPに心から感謝いたします(#^.^#)

地球を感じよう、地球に生きる自分の体、心を感じよう、
という趣旨の元、皆様の治癒力を上げていただき
リラックスを感じていただけましたらと
皆様に大脳皮質のタップ、アクセステクニック、
ご希望の方にはミニセッションをご提供させていただきました。


入り口は警備員がおられ通行証が必要な議員会館ですが、
会議室の真ん中には土を盛ったオブジェ、
花もふんだんに飾られて、ここはどこ?という空間に
議員や秘書の皆様も足を運んでくださいました。
管直人氏もいらっしゃり、コメントをくださいました。

役割は違っても、みんな同じ地球に生きる人間同士、
境界を取り払って、人と人が語り合う。
アースデーイベントを議員会館で開催するなんて、
なんて素晴らしい発想でしょう!!
スタッフの皆様のご尽力に拍手喝采です。

私たちの代表であり、政治に関わられる方々にも
アースデーを通してなにかを感じ、
そしてアクションを起こしていただけましたら幸いです。

 
タップさせていただきました皆様、
どうもありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

熊本での地震発生から10日が経とうとしています。
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
避難生活を強いられておられる皆様のご心中を思うと心が痛み入ります。
一日も早くのご復興と、心身の平安を取り戻されますことを
心よりお祈りいたします。
 
被災された皆様に、被災地に
自分に何ができるのか。。
気持ちを向けること。
祈ること。
そして熊本のクアイアントさんに無償でセッションを
させていただき継続させていただくこと。
義援金など物質的な支援。。
それから、それから。。
 
3.11の時はまるで呼ばれたように
埼玉アリーナに看護師としてボランティアに入らせていただいたり、
石巻、釜石にも行かせていただける流れになって
ボディートーク療法でご支援させていただくことができました。
私の力などささやかなものでしたのに、
被災地の皆様に反対に元気やたくさんの学びをいただきました。

こころが繋がって輪になって循環していることを
体とこころで感じました。
この循環が一人一人の力にまた還元されていくのですね。
  
テレビで熊本の避難所の様子が放映されていました。
避難所で生活している子供たちが
何か自分でできることはないか、と考えて
食事を配ったり掃除をしたり、
ご高齢の方の肩をもんだり、など
皆さんのために活動を始めた姿が映っていました。
肩をもんでもらっている皆様は
子供さんと触れ合うこと、笑顔を見ることで
心から癒されてますと涙ぐんでおられました。

自分自身が逆境におかれているにも関わらず
皆さんのために、何ができるかを考えるという
子供たちの姿に感銘を受け泣けてしまいました。
子供たちが人のこころの在り方を教えてくれました。
 
都内の熊本の物産店も長蛇の列で
熊本の経済支援になるかと思いまして、
と皆さんが思いを語られる場面も映っていました。

自分に今、何ができるか。
と、自分に問う。
どんな時も。


熊本に足を運べる機会をいただけそうなお話が
耳に入ってきています。
流れが私を運んでくれるかもしれません。
非力ながらお役にたてましたら幸いです。

≪ボディートークのテクニックのご紹介≫
熊本の皆様にボディートーク療法の大脳皮質のタップを
ご活用いただけましたら幸甚です。
脳のバランスを取ることでストレス反応レベルを下げて
心身のリラックスを促していきます。

https://www.youtube.com/watch?v=KBlGRC1d40M


神楽坂のフレンチレストランにトリコロールの千羽鶴。
福島の小学校の皆さんからのお礼のようです。
たぶんオーナーさんはフランスの方かと。
助け合いこころの輪が循環しています

神楽坂通りの本多横丁に入る角に
最近オープンした≪北の物産店≫
東北や北海道のおいしいものがたくさん!
カフェでの食事は5月からだそうで
今から楽しみにしています。

3.11を忘れないでいてください。

石巻にご支援にうかがったときの
被災された方々の言葉です。

神楽坂と東北がつながって嬉しいです。

皆さんのこころの輪が熊本にも広がって
被災された方々のこころに届きますよう。
















カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Twitter
最古記事

Copyright (c)ELK Personal Support Blog All Rights Reserved.